スキのない女性だと思われてしまう会話5パターン


男性に敢えてスキを見せることは、男性のテンションを上げ、猛烈なアプローチを促進する起爆剤となるとの考え方があります。一方、全くスキを見せない女性は、男性に積極的なアプローチを控えさせてしまう可能性があります。そこで今回は、「スキのない女性だと思われてしまう会話5パターン」をご紹介させて頂きます。

  • 【1】ノリが悪く、笑顔もない。

    男性は自分の話す内容に対する女性のリアクションによって、今後の二人の関係が深まる可能性を見出し、アプローチ方法を模索します。ノリが悪く、笑顔もない場合には、男性が「自分には脈がない」と自信を失い、積極的なアプローチができなくなります。

  • 【2】プライベートでの過ごし方は一切話さない。

    女性のプライベートでの過ごし方を聞くことで、男性は「このプライベートな話は、自分だけに話してくれているのかも!」という期待を膨らませる場合があります。一方、プライベートの話を一切話さない女性に対しては、距離間を感じ、男性は無難な話のみとなり、積極的なアプローチも控えてしまいます。

  • 【3】自分の弱みや悩みを一切打ち明けない。

    女性から弱みや悩みを打ち明けられると、「自分は頼りにされている。」と感じる男性もいます。そして、男性は自信が高まり、積極的にアプローチするようになります。逆に、まったく弱みや悩みを打ち明けられないことで、女性に対して距離感を感じ、消極的になってしまいます。

  • 【4】多趣味や仕事の忙しさなどから、デートする時間がないことをアピールする。

    忙しい日々を過ごしていることを伝えた場合、男性は「デートに誘っても、忙しさを理由に断られるだろうな...」と消極的になる可能性があります。忙しさをアピールし過ぎないように注意した方が良さそうです。

  • 【5】軽い下ネタに対しても極度の拒絶反応を示す。

    ちょっとした下ネタに対して、極度の拒絶反応を示した場合、ガードの固い女性だと思われる可能性があります。会話が盛り上がることを避けているように感じる男性もいるため、スキのない女性だと思われる可能性があります。ただし、悪質な下ネタに対しては、徹底的に拒絶反応を示して構いません。

みなさんの周りの「スキのない女性」とはどのような女性でしょうか? みなさんのご意見をお待ちしております。(山場ヤスヒロ)
Photo:All images by iStock