「忙しい」と連呼する男を彼氏候補にしない方が良い7つの理由


みなさんは「忙しい」と連呼する男性に対して、どのような印象をお持ちでしょうか。もしかしたら、このような男性は彼氏候補にしない方が得策かもしれません。今回は、「忙しい」と連呼する男を彼氏候補にしない方が良い7つの理由をご紹介させて頂きます。

  • 【1】話がつまらない可能性があるから。

    「忙しい」と連呼する男性は、忙しい自分に陶酔しているため、「三日連続、徹夜したよ。」「今月は、三回も海外出張があるよ。」と忙しさをアピールする傾向があります。仕事に対する自慢話に終始するので、話のつまらない男である可能性があります。

  • 【2】器の小さい男である可能性があるから。

    忙しさをアピールする男性は、すぐに余裕をなくす「器の小さな男」である可能性があります。「忙しい」と言うばかりで、ジタバタするよりも、ドーンと構えていてほしいものです。

  • 【3】相手への配慮が欠けている可能性があるから。

    「忙しい」と伝えることで、相手に与える印象を想定できていない男性である可能性があります。付き合った後も、恋人に対する想定力が欠如したコミュニケーションが続くかもしれません。

  • 【4】付き合った後も「仕事」を言い訳にする可能性があるから。

    「仕事が忙しい」と言えば、女性は納得すると思っている可能性があります。付き合った後も、何かと「仕事」を言い訳として利用し、振り回される可能性があります。

  • 【5】実際は、大きな仕事を任せて貰えていない可能性があるから。

    「忙しい」と発することは、仕事の依頼を断ることになります。些細な仕事の依頼を「忙しい」という理由で断り続ければ、仕事の依頼も次第に少なくなり、信頼を得る機会も失われます。結果、大きな仕事を任せられる機会も少なくなってしまうでしょう。みなさんの周りの「デキるビジネスマン」は「忙しい」を連発しているでしょうか。

  • 【6】断り文句としてワザと「忙しい。」と言っている可能性があるから。

    「忙しい」という言葉を使って、女性をワザと突き離そうとしている可能性があります。このような男性に対するアプローチは、相手の心を掴むまで、苦労することになります。

  • 【7】心を亡くしている可能性があるから。

    「忙しい」という漢字は、「心」を「亡」くすという漢字が合体しています。「忙しい」と連呼していれば、本当に心を亡くしてしまうかもしれません。「忙しい」と連発する男性に対しては、「充実してるんだね。」と返答することで、ちょっと前向きな言葉に変化し、会話もポジティブに変わるのではないでしょうか。

みなさんの周りで「忙しい」と連呼する男性は、どのような方でしょうか? みなさんのご意見を頂ければ幸いです。(山場ヤスヒロ)
Photo:All images by iStock