男性をドキっとさせる7つの仕草と活用シーン


男性をドキっとさせる仕草は、男性の話を聞いているときに活用することより効果的に使うことができます。男性の話(特に自慢話)を聞いてあげることで、男性は安らぎ、「この人は自分の味方。」だと思うようになります。男性の気持ちをグッと掴んでから、男性に好まれる仕草を融合させることで、より効果的な「男性に好まれる仕草」となります。今回は具体的な仕草7パターンを例に出し、活用シーンをご紹介します。

  • 【1】男性の話に対して感想を述べるとき、スキンシップを行う。

    単純にスキンシップだけを連続するよりも、男性の話をじっくり聞きながらでのスキンシップは効果的です。話を来てもらっているという「心の安らぎ」とスキンシップによる「肉体的な安らぎ」のふたつの安らぎを提供可能となるからです。

  • 【2】男性の話を聞く時、笑顔を見せる。(※内容に合わせた対応が必要)

    自分の話をしているときに笑顔を見せるだけではなく、男性の話を聞く時、笑顔を見せることは大変効果的です。相手の話を親身に聞き、明るい内容であれば懇親の笑みを発動させましょう。男性の心は、話を聞いてくれているという満足するだけではなく、あなたの笑顔でさらに満足度は高まります。

  • 【3】男性の話を聞く時に、男性を見つめる。(相手の顔をしっかり見てあげる。)

    話を聞く時は、相手の顔をしっかり見るようにしましょう。視線を送ることで、男性に「この人は真剣に話を聞いてくれている。」と印象づけることができ、好感度がアップします。一般的に、男性をドキっとさせる仕草で、「見つめる」というテクニックがありますが、男性の話をじっくり聞いてあげるときに活用することでより効果的な仕草となります。話を聞いてくれているという男性の心理的な快感に加えて、見つめられているという視覚的な快感を提供するようにしましょう。

  • 【4】男性の話の合間に、髪をかき上げる

    髪をかきあげる行為は、女性らしさを垣間見ることができ、男性をドキっとさせる仕草と言われています。可能ならば、男性の話の合間に、髪をかきあげるようにしましょう。男性が話をしている途中で、髪をかきあげ、男性をドキっとさせた場合、男性が話すことに集中できない可能性があります。話やすい環境を提供するためにも、話の合間に髪をかきわけるようにしましょう。

  • 【5】男性の話に対して、自分の感想を述べるときに胸の谷間を見せる

    胸の谷間を見せるのであれば、男性の話をじっくり聞き、自分の感想を述べるときにチラ見せするようにしましょう。話をじっくり聞くことで男性との心理的な距離が縮まったからこそ、胸の谷間のチラ見せがより一層有効となります。もちろん、単なるチラ見せの連続では、男性はHの対象としか映らなくなるので、注意が必要です。また、男性が話をしているときに、チラ見せした場合には、男性が話をすることに集中できない恐れがあるので避けた方が賢明です。

  • 【6】手料理を振る舞い、男性の話を聞いてあげる。

    手料理を振る舞い、さらに男性の話をひたすら聞いてあげることで、男性に備わるマザコン心を刺激します。「手料理」と「話を聞いてくれる」という二つの行為の融合により猛烈な母性をアピールすることが可能となります。

  • 【7】男性の話に対して、質問するときに「ねぇ、ねぇ」という甘えた口調で話を降る。

    「ねぇ、ねぇ」という甘えた口調にドキっとする男性も多いようです。この言葉は、男性の話をじっくり聞き、男性に関する質問を投げかけるときに活用すると効果的です。甘えた口調で、男性自身のことについて聞かれた男性は、テンションは急上昇します。

皆様の厳しいご意見お待ちしております。