「俺のこともて遊んでるの!?」と交際直前の女性を疑ってしまう瞬間9パターン


二人きりで食事をしたり、メールのやりとりが増えたり…と、「お付き合いまで秒読み!」とニヤけが止まらない最中、女性から納得のいかない肩透かしを食わせられた経験がある男性は多いようです。では、どのような女性の態度を男性は不審に思うのでしょうか。今回は『スゴレン』の男性読者の意見を参考に、「『俺のこともて遊んでるの!?』と交際直前の女性を疑ってしまう瞬間9パターン」を紹介します。

  • 【1】向こうから食事に誘ってきたのに、約束のための連絡がスムーズにとれないとき

    「急に冷めた理由を教えて!!」(20代男性)など、デートに消極的な様子は自分との関係を深めたくないのではと心配になる男性もいます。やむをえない理由があるときは「仕事が忙しくて」など具体的に伝えるほうが親切でしょう。

  • 【2】他の男性にも同じようにかわいい笑顔をみせていたとき

    「俺って大勢の中の一人!?」(30代男性)など、自分に対する彼女の態度が「みんなと同じ」だと恋愛のテンションが下がる男性もいるようです。どんな男性にも愛想よくしがちな女性は、「一緒にいて一番楽しい」など相手が特別な存在だと伝えてみてはいかがでしょう。

  • 【3】社内や校内ではまったく話しかけてこないとき

    「ただ戸惑う…」(20代男性)というように、同僚や友人の目を気にして、他人行儀な態度をとられると男性は困惑するようです。「なんか恥ずかしくて…」と、男性を意識していることを説明すると、あなたの好意を確信して告白してくれるかもしれません。

  • 【4】メールの返信が「そうなんだー」など一言だけしかこないとき

    「超あっさりしてて凹む…」(20代男性)など、あまりにも軽い相槌メールは「興味ないのでは」と男性が不安になるようです。好きな相手ならば、一言で終わるときも絵文字を入れるなど、ちょっとした「特別感」をアピールするほうが得策でしょう。

  • 【5】食事デートの際、スッピンで来たとき

    「やるきねー…」(30代男性)というように、女性がスッピンで現れると、男性は「男として見られていない」と落ち込むようです。どうしても時間がない場合は多少デートに遅れてもしっかりおしゃれしていくほうが男性は喜ぶでしょう。

  • 【6】会っているときは楽しそうなのに女性からは一切誘ってこないとき

    「ただの仕事仲間なのかな」(20代男性)など、自分ばかりが積極的だと気づくと「それほど会いたくないってことか」と判断する男性もいます。奥手な女性の場合、「恥ずかしくて誘えなかった」など伝えると、男性からもっと積極的に誘ってくれるかもしれません。

  • 【7】凹んで一緒にいてほしいときに、ほっておかれたとき

    「俺はその程度の存在か…」(20代男性)など、落ち込んでいるのを知っていてケアしてくれない女性に男性は心を閉ざしがちのようです。遠慮からくる行動の場合、「彼女でもないのに私でいいの?」など伝えると男性に誤解されずに済みそうです。

  • 【8】「迎えにきて」「買ってきて」などわがままな連絡しか来ないとき

    「俺はパシリか!」(30代男性)など、自分勝手な連絡は「都合のいい存在なのかも」と男性に疑いを持たれることもあり得ます。「○○くんみたいな優しい人が彼氏だったら最高」など伝えると、恋愛相手として見てくれていると男性が安心するでしょう。

  • 【9】好きなタイプの男性を聞いたら自分と真逆のタイプだったとき

    「俺に希望はないな」(20代男性)など、女性の好みが自分とあまりにかけ離れた男性像だと諦めてしまう男性もいます。好きな相手に好みのタイプを伝えるときは、相手に近いタイプを挙げると、心の中でガッツポーズする男性は多いでしょう。

ほかにも女性に「もてあそばれている?」と思う瞬間はありますでしょうか。皆様のご意見をお待ちしております。(富岡由郁子)
Photo:All images by iStock