「そこまでのワガママ、温厚な俺でも許さんぞ!」と彼氏がブチ切れる一言9パターン


彼女のワガママを聞いてあげるのが好き、という男性は決して少なくありません。しかし、同じワガママでも内容によっては、彼氏を呆れさせたり、不快感を与えてしまうケースもあるようです。そこで今回は、『スゴレン』男性読者への調査結果をもとに、「『そこまでのワガママ、温厚な俺でも許さんぞ!』と彼氏がブチ切れる一言9パターン」をご紹介します。

  • 【1】仕事中なのに「今すぐ会いに来て!」と本気でねだられる

    「現実を考えてほしい」(20代男性)など、彼氏の都合を考慮しないワガママは、本気だと引かれてしまいます。明らかに彼氏を困らせる無茶振りは控えるべきでしょう。ただし、同じセリフでも冗談混じりなら「カワイイ」と思ってもらえそうです。

  • 【2】付き合い始めたばかりで「一緒に暮らしたい」と同棲を提案される

    「何か裏がありそう」(20代男性)など、あまりに性急な同棲の提案は、彼氏を不安にさせるようです。恋心が高まると「ずっと離れたくない!」と思うものですが、まずはデートを重ねてお互いの人となりを深く知ることから始めるべきでしょう。

  • 【3】真夜中に電話をかけてきて、翌日「なんで出ないの?」と切れられる

    「疲れて寝てるからだよ…」(20代男性)など、非常識な時間帯の電話やメールは、彼氏の生活リズムを邪魔してしまいます。恋人だからと無遠慮にダイヤルすると、相手を怒らせてしまうことも。緊急時以外の深夜の連絡はなるべく控えましょう。

  • 【4】「お金ないけど、どうしても今欲しいの!」と浪費するお金をせびられる

    「そういうのは自分のお金でやって」(20代男性)など、恋人同士とはいえ、お金の貸し借りは極力避けたいもの。特に必要に迫られない遊興費を借りようとすれば、彼氏に呆れられても仕方ないでしょう。お財布の管理力も魅力的な女性の条件です。

  • 【5】苦労して選んだプレゼントを「こんなのいらない」と拒否される

    「もう二度と何もあげたくない」(20代男性)など、彼氏がくれたプレゼントがたとえ気に入らなくとも、それを拒むのはマナー違反です。贈り物はモノ自体ではなく、相手の気持ちを受け取るもの。笑顔で感謝の言葉を伝えるのが最低限のマナーでしょう。

  • 【6】「今すぐアイス買ってきて」など彼氏を使いっ走りにする

    「何様なんでしょうか」(20代男性)など、いくら優しい彼氏でも、アゴで使われて嬉しい人はいません。何かの罰ゲームならともかく、理由なく使いっ走りにするようなワガママは控えるべきでしょう。二人で一緒に行けば、コンビニまでの道のりも楽しいはずです。

  • 【7】「彼女にお金出させるの?」とデート代は全額おごりが当然という顔をする

    「俺は財布ですか?」(20代男性)など、デート費用の支払いルールはカップルによって異なるものですが、「彼氏がおごって当然」という態度は、確実に不快感を与えてしまうでしょう。お互いに負担感の少ない、納得できるルールを一度話し合ってはいかがでしょう。

  • 【8】「私のこと大切にして」といって、具体的なことは何もいわない

    「実は一番ワガママかもしれない」(20代男性)など、一方的に「大切にする」ことを要求するだけの態度も、彼氏を困惑させるようです。無言のうちに彼氏に「してほしいこと」を察させるのではなく、自分の気持ちはハッキリ言葉で伝えましょう。

  • 【9】休日のデートの予定を「なんか気が乗らない」と理由なく断る

    「そろそろ限界かな」(10代男性)など、その日の気分でデートをドタキャンするのは、彼氏との信頼関係を大いに損なうようです。体調不良などやむを得ない理由でキャンセルするなら、早めに連絡してキチンと説明するべきでしょう。きっと理解してもらえるはずです。

どれも基本的には「常識的なマナー」の範囲内ですが、恋人同士という気安い関係だからこそ、そのラインを誤って踏み越えてしまうのかもしれません。「親しき仲にも礼儀あり」の心がけは忘れてはいけないでしょう。(呉 琢磨)
Photo:All images by iStock