男性が「付き合わされるのは面倒だ」と感じる女性の趣味9パターン


男性の趣味が原因で別れたという話はよく聞きますが、女性の趣味にもそれなりの破壊力があります。喜んで付き合ってくれているように見える彼氏も、心の中では「勘弁してよ」とボヤいているかも知れません。そこで『スゴレン』男性読者に聞いた「『付き合わされるのは面倒だ』と感じる女性の趣味」をご紹介します。

  • 【1】振り回された挙げ句買わないこともある「ショッピング」

    「女性ものを見てもつまらないし、悩んで店を行き来されるのも疲れる」(20代男性)という風に、男性は女性のショッピングを面倒だと感じるようです。「この服、どっちがいい?」と尋ねた時、男性の眼が死んでいたら近くのカフェで休ませてあげましょう。

  • 【2】朝から晩までそんなに多く食べられない「食べ歩き」

    「胃がもたれるし太る。慌ただしく移動するのもつらい」(30代男性)という風に、男性は女性の食べ歩きを面倒だと感じるようです。特に男性は最初から飛ばしがち。長丁場の場合は、2人で1品にしたりミニサイズを選ぶなど、男性の胃袋を気遣いましょう。

  • 【3】準備が大変で、長時間拘束される「登山」

    「行けば楽しいんだけど、道具は高いし朝は早い。労力に見合わない」(20代男性)という風に、男性は女性の登山を面倒だと感じるようです。最初は昼から軽装で出かけても夜には自宅へ帰ってこられるような山で、彼氏の反応を見た方がいいかもしれません。

  • 【4】教養と語彙のなさが露呈しかねない「美術館」

    「アートの知識がないし、感じたことをどうコメントしていいのかわからない」(20代男性)という風に、男性は女性の美術館通いを面倒だと感じるようです。「私もよくわかってないんだけどね」と少しフォローしてあげれば、男性も安心して付き合ってくれるかもしれません。

  • 【5】ビビってるところを見られたくない「絶叫マシン」「おばけ屋敷」

    「断ると意気地なしだと思われる」(10代男性)という風に、男性は女性の絶叫マシン好き、おばけ屋敷好きを面倒だと感じるようです。「ビビってるところ見てみたい」と悪ノリして誘うほうが、男性も楽な気持ちで挑戦したり、断ったりできるかもしれません。

  • 【6】語学力とコミュニケーション能力の低さがバレる「海外旅行」

    「海外旅行好きの女性は彼女候補として避けるくらい」(20代男性)という風に、男性は女性の海外旅行を面倒だと感じるようです。「今度の旅行、海外と国内どっちがいい?」と最初から逃げ道を用意してあげると、彼氏の本音が見えてくるかもしれません。

  • 【7】ラブでピースな雰囲気に圧倒されてしまう「野外フェス」

    「インディーズや海外のアーティストなんか全然わかんない」(20代男性)という風に、男性は女性の野外フェス好きを面倒だと感じるようです。本格的なフェスに参加する前に、日帰りの野外ライブなどに誘って様子を見ると、彼氏の好き嫌いがわかるかもしれません。

  • 【8】イライラして険悪なムードになりそう「テーマパーク」

    「アトラクションも食べ物も何でも行列。ケンカしそう」(20代男性)という風に、男性は女性のテーマパーク好きを面倒だと感じるようです。朝から晩まで丸1日ではなく、まずは夕方から出かけるなどショートタイムで楽しんでみてはいかがでしょうか。

  • 【9】不細工な思い出がしっかり残る「モノ作りワークショップ」

    「不器用なのがバレる。講師の先生の方がカッコいい」(30代男性)という風に、男性は女性のワークショップ好きを面倒だと感じるようです。手始めに料理教室など「かたちの残らないもの」から誘ってみると良いでしょう。また、講師は女性がベターでしょう。

女性の趣味に付き合わされるのが面倒というよりも、見知らぬ世界に飛び込んだり、未体験のものにチャレンジするのが怖いという男性の本音があるようです。それこそ「面倒」ではありますが、男性のナイーブな気持ちをくみ取り、無理させない配慮が必要なのかもしれません。(熊山 准)
Photo:All images by iStock