知り合いたての男性にLINE・メールができる自然な口実9パターン


ちょっと気になる男性と出会っても、LINEやメールするきっかけづくりがむずかしかったりします。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートをもとに「知り合いたての男性にメールができる自然な口実」をご紹介します。

  • 【1】相手の住んでいる地域や出身地についての情報をたずねる

    「『○○住んでたよね?』から入るとスムーズ」(20代女性)など、思い出したように相手の地元について質問するという女性は多いようです。飲食店情報などについて聞いて、「今度行ってみたい!」と反応すれば男性も意識してしまうのではないでしょうか。

  • 【2】「こないだの写真、送るね」と記念写真を添付する

    「連絡先を聞く言い訳にもなります(笑)」(10代女性)など、一緒にいるときにケータイで写真を撮っておけば、後々役立つことが多いようです。また、ちょっと時間がたってから改めて写真を見ることで、男性側の気持ちも盛り上がってくるかもしれません。

  • 【3】「みんなに質問してるんだけど…」とアンケートのようなメールを送る

    「事務的な内容なら返信しやすいと思う」(10代女性)など、最初のハードルを下げることで、メールのやりとりがしやすくなることもあるようです。「パソコン何使ってる?」など、困りごとに関する質問だとより自然かもしれません。

  • 【4】「こないだ教えてもらった店、なんだっけ?」と聞いたことを改めて質問する

    「相手の話を覚えているというアピールにもなる」(20代女性)など、過去の話題を持ち出すことで、会って話したときの続きのように自然にメールしやすいようです。また、話題に出たお店に足を運んでみるなど、行動に移せば再びメールするキッカケができるでしょう。

  • 【5】オススメの本や映画を聞いて、その感想をメールする

    「できるだけ共通で盛り上がれるテーマを探します」(20代女性)など、趣味に関する話題は距離を縮めやすいようです。「そのマンガ今度貸してよー」と次に会う約束にもつなげやすいのではないでしょうか。

  • 【6】仕事や趣味など、相手の得意分野について相談する

    「疑問メールなら返信もしやすいと思う」(20代女性)など、相手が自信を持ってフォローできそうな分野について頼ってみるという女性もいるようです。男性としても女性の相談を解決できれば、悪い気はしないのではないでしょうか。

  • 【7】わざと空メールを送ってから、謝罪のメールを送る

    「ちょっとずるいけど…奥の手です」(10代女性)など、ちょっぴり天然風なアクションをきっかけにする、デキる女性もいるようです。ただし、同じような行動を連発すると、作為を感じて男性が引いてしまう恐れもあるでしょう。

  • 【8】共通の知り合いについての相談を持ちかける

    「反応によってその人の人となりもわかります」(30代女性)など、身近な人を話題にすれば、メールを送る口実になるだけでなく、男性の人間性も確認できるようです。共通の知人なら、たわいもない暴露話から相談事まで話が広がりやすそうです。

  • 【9】「今夜は流星すごいんだって」と、特別な気候や現象を話題にする

    「ロマンチックな体験を共有できると盛り上がる」(10代女性)など、星空や虹、雪といった現象との出合いは、好意をほのめかすいいきっかけになりそうです。また、自然現象は偶然のタイミングで起こるので、その場の勢いでメールを送りやすいかもしれません。

気になる男性が「どんなことを言ったか」「どんな趣味をもっているのか」などをきちんと覚えておくことが、LINEやメールのきっかけづくりに有効なようです。何気ない一言まで覚えていたりすると、男性側も「自分に興味があるのかな?」と意識してしまうかもしれません。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock