遠距離恋愛中の男性が、「面倒くさい」と感じること9パターン


普通の恋よりも障害の多い遠距離恋愛では、男性も意外なことに不満を感じているようです。それを放置すると、別れにつながるリスクも。では、いったいどんなことに気をつけるべきなのでしょうか。今回は『スゴレン』男性読者へのアンケートをもとに、「遠距離恋愛中の男性が、『面倒くさい』と感じること9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「会いたい」と思ってもすぐに会えないこと

    「事前に予定を立てないと会えないのが大変」(20代男性)など、女性と同様に、彼女に会えない状況を寂しく思う男性も多いようです。この気持ちはお互いさまなので、「会いたい」と自分の不満ばかりを言うよりも、「次会う日が楽しみだね」と前向きな言葉を投げかけてはいかがでしょうか。

  • 【2】彼女がしつこく浮気を疑ってくること

    「些細なことで疑われるとうんざり」(30代男性)と、彼女が必要以上に彼の行動に敏感になることに疲れている男性もいました。近距離よりも彼の行動が把握しにくい分、細かなことで不信感を抱きがちですが、まずは彼を信頼するよう心掛けてみましょう。

  • 【3】仕事でどんなに疲れていても、「会えないんだから当たり前でしょ」とメールや電話を求められること

    「早く寝たいのに…」(20代男性)など、男性の状況を考えずに、当然のように連絡を望む女性に対して、腹を立てる男性も少なくありません。電話で彼が疲れている様子を感じたら、自分の話ばかりをせずに「大丈夫?」といたわる気持ちを見せてはどうでしょうか。

  • 【4】会えないと分かっているのに、「会いたい」とワガママを言われること

    「無理なことを言われると冷める」(20代男性)と、物理的にどうしようもないワガママにうんざりする男性もいました。ただ自分の気持ちをぶつけるだけではなく、女性から具体的な日程の提案をしてみるといいかもしれません。

  • 【5】「今どこにいるの?」と聞かれ、それを証明するように言われること

    「会社の飲み会中に写メなんて送れない」(30代男性)など、離れた場所から彼を監視するような彼女の行動に、窮屈な思いをしている男性もいます。「相手が忙しいときはメールを催促しない」などのルールを決めれば、お互いに不安を感じず過ごせるのではないでしょうか。

  • 【6】毎日のように一日何をしていたのか、報告を求められること

    「いちいち説明するのが面倒」(20代男性)と、女性に一日の行動を報告するのを敬遠する男性もいます。彼の話を聞きたければ、質問攻めにするのは避け、彼の仕事や趣味の話など、自分の興味がない分野の話題でも気持ちよく聞く姿勢を見せるといいでしょう。

  • 【7】会う予定を決めるときに、互いの日程の調整が普通の恋愛以上に手間取ること

    「相手の予定に合わせてばかりなのが辛い」(30代男性)など、遠距離恋愛では、デート日程の調整が大きな障害だと感じる男性は多いようです。ときには女性から予定を合わせてあげると、彼からの印象もアップするかもしれません。

  • 【8】彼女となかなか連絡が取れないときに不安になること

    「他の男と会っているのかと思うと気が気じゃない」(20代男性)と、彼女と連絡がつかない状況を不安に感じる男性もいます。連絡の行き違いが続いたときは、「何時ぐらいに電話するね」と具体的な時間を指定してフォローしてあげましょう。

  • 【9】直接会えないからこそ、些細なことがきっかけでケンカになってしまうこと

    「ちょっとした言葉に反応されると困る」(20代男性)など、顔が見られないからこそ、言葉の行き違いで揉め事になるのを嫌がる男性もいました。多少気になったとしても、彼の発言の揚げ足をとるような反論はやめたほうがいいでしょう。

このほか、「遠距離恋愛中の男性が、『面倒くさい』と感じること」にはどんなものがあるでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしています。(磯田大介/Office Ti+)
Photo:All images by iStock