実は彼氏をイライラさせている、彼女の「何気ない一言」9パターン


付き合い始めてしばらく経つと、恋人同士の間でも遠慮がなくなって思ったことを口にしやすくなります。そんな彼女の何気ない一言が、実は彼氏を不快な気持ちにさせているということもあるようです。そこで今回は『スゴレン』男性読者への調査結果をもとに、「実は彼氏をイライラさせている、彼女の『何気ない一言』9パターン」をご紹介します。

  • 【1】彼氏の頑張りや成功に対して「すごいじゃん、見直したよ」

    「じゃあ見直す前はどうだったんだよ」(20代男性)など、褒めたつもりの一言が、彼氏のプライドを傷つけてしまうこともあるようです。褒めるときは「すごいね」「おめでとう」など前向きなセリフに徹して、上から目線のセリフは控えたいものです。

  • 【2】彼氏の些細な失敗に対して「そんなこともできないの?」

    「じゃあ自分はなんでも上手くできるわけ?」(20代男性)など、失敗して落ち込む彼氏に追い打ちをかけるようなセリフをかけても、機嫌を損ねてしまうだけです。「頑張ってもう一回やってみよう」など、励ましの一言でフォローすることを心がけましょう。

  • 【3】その場にいない共通の知人に対して「私、あの人嫌いなんだ」

    「俺にもその人のことを嫌えってこと?」(10代男性)など、人間の好き嫌いは誰にでもあるものですが、マイナスの感情を押し付けるようなセリフは、彼氏を不快にさせてしまうようです。どうせなら「あの人って素敵」という話題で盛り上がるべきでしょう。

  • 【4】学校や職場の人間関係をグチって「私ばっかり苦労してるよ」

    「本当かもしれないけどさ…」(20代男性)など、「自分だけが苦労している」というセリフは、他人から聞かされて気持ちいいものではありません。親しい彼氏だからこそ言えるという側面もありますが、頻繁にグチをこぼすのは控えたいところです。

  • 【5】彼氏と別の男性を比較して「○○君ってスゴイよね」

    「ほかの男と比べられて嬉しい彼氏がいる?」(20代男性)など、彼氏と比較して別の男性を持ち上げるような発言は、嫉妬心とプライドの両方を刺激してしまうようです。それがアイドルやタレントであっても、控えた方が無難でしょう。

  • 【6】女性タレントやアイドルなどを見て「どうせ整形でしょ」

    「すごく意地が悪い感じがする」(20代男性)など、TVに映るタレントなどをみて「整形」と決めつける発言は、それが事実であったとしても、他人の容姿をねたんでいると感じさせるようです。どうしても言いたいなら「なんか顔変わった?」などと婉曲に表現するとよいでしょう。

  • 【7】何もすることがなく、暇を持て余して「つまんないんだけど」

    「俺もつまんないよ?」(10代男性)など、一緒にいる相手に向かって「つまらなさ」を訴えても、相手を不快にさせるだけです。自分から「○○に行かない?」「○○を食べない?」などと提案し、二人で面白いことを探すという気持ちを忘れてはいけないでしょう。

  • 【8】ワガママな主張をしながら「私のことが大事じゃないの?」

    「大事だったらなんでも許されるの?」(20代男性)など、彼氏の愛情を逆手にとるような発言は、ズルい女と思われても仕方ありません。些細なワガママを楽しんで聞いてくれる彼氏もいますが、それはあくまでも「かわいいワガママ」と感じるような内容に限ると心得ましょう。

  • 【9】彼氏のファッションを指摘して「もう少しカッコよくしてよ」

    「事実でも言い方ってものがある」(20代男性)など、彼氏のファッションセンスに対して無遠慮にダメ出しすると、相手を傷つけてしまうようです。指摘するなら「こっちの組み合わせの方が良いよ」などと具体的なアドバイスをして、改善法を一緒に考えるとよいでしょう。

ほかにも、「実は彼氏をイライラさせている、彼女の『何気ない一言』」があれば教えてください。ご意見をお待ちしております。(呉 琢磨)
Photo:All images by iStock