「それかわいいと思ってるの?」と男性が疑問に思う女性のファッションポイント9パターン


意中の男性とのデートは、ビシッと決めた勝負服で挑みたいもの。しかし、中には男性に「何がいいの?」と思われてしまい、逆効果になってしまうファッションもあるようです。そこで『スゴレン』男性読者へのアンケートから、「『それかわいいと思ってるの?』と男性が疑問に思う女性のファッションポイント9パターン」を紹介します。

  • 【1】セクシーというより下品な「胸元の大きくあいたシャツ」

    「誘っているようで嫌」(30代男性)のように、セクシーさのアピールも、やりすぎるとかえって男性に敬遠されてしまうようです。シャツのボタンを1つ多めに外すなど、気持ち控えめの露出にとどめるほうが、清楚に見えて男性に好印象を与えられるかもしれません。

  • 【2】女性らしさとは無縁に見えてしまう「スタッズだらけの服」

    「もしや、元ヤン?」(30代男性)など、女性はクールさを演出したつもりでも、男性には「不良っぽい」などと受け取られることがあるようです。女性らしさとのギャップを見せたければ、フェミニン系スタイルにワンポイントとして取り入れる程度にするといいでしょう。

  • 【3】じゃらじゃらしていて重そうな「大量のブレスレット」

    「数多いと見苦しい」(20代男性)のように、何個も腕に巻き付けたブレスレットはうるさく見えてしまい、いい印象を抱く男性は少ないようです。むしろ1、2本にとどめたほうが、女性らしい細い腕のラインをアピールできるのかもしれません。

  • 【4】脚が短く見えてしまう、「中途半端な丈のレギンス」

    「セクシーさがなくなってしまう」(30代男性)と、中途半端な丈のレギンスは、男性にとって女性の美しい脚のラインを台無しにするものと映るようです。思い切って生脚にするか、オーソドックスなタイツをはくほうが、美脚アピールになるのではないでしょうか。

  • 【5】おしりの割れ目までも見えそうな「極端なローライズパンツ」

    「そこまで見せてどうするの?」(30代男性)のように、下着まで見えてしまうローライズスタイルは、だらしない印象を男性に与えるようです。せめてデートのときは、長めの上着を羽織るなど、腰回りが見えすぎないよう意識したほうがよさそうです。

  • 【6】何を考えているか理解に苦しむ「頭に生やした猫の耳」

    「ぶりっ子っぽい」(20代男性)など、女性は流行を取り入れただけのつもりでも、萌え系ファッションに、「男に媚を売っている」と感じる男性もいるようです。こうした好みの分かれるスタイルは、理解しあえる友人の間だけで楽しむのが無難でしょう。

  • 【7】本当は下着なのに露出させている「見せるガーターベルト」

    「一瞬『下着丸出し?』と思ってしまう」(30代男性)と、ガーターベルトは「見せてはいけないものを見せている」と引いてしまう男性もいるようです。どうしても身につけたければ、他人に見えないよう服で隠し、自分の気分をアゲる程度にしてはいかがでしょうか。

  • 【8】何のために持っているのかわからない「胸元にぶら下げたサングラス」

    「それ、いつかけるの?」(20代男性)など、女性はファッションのつもりでぶら下げているサングラスも、男性は「余計なもの」と感じるようです。特に、レンズの大きなサングラスは、「モデル気取り」と男性に勘違いされかねないので注意しましょう。

  • 【9】アンバランスにしか見えない「パンプスやサンダルに短いフリフリの靴下」

    「『失敗したのかな?』と思う」(20代男性)と、サンダルなどにレースの靴下を合わせたスタイルは、男性にはミスコーディネートだと思われがちです。デートのときは、「あえてズラす」ファッションは避け、無難なスタイルを選ぶほうがいいかもしれません。

男性が疑問に思う女性のファッションは、ほかにどんなものがあると思いますか? ご意見をお待ちしております。(佐藤来未/Office Ti+)
Photo:All images by iStock