遠距離恋愛中の彼氏から鬱陶しがられる行動9パターン


遠距離恋愛はなかなかうまくいかないもの。とはいえ、不安に任せた振る舞いをすると、彼氏の気持ちが離れていくこともあるようです。そこで今回は、『スゴレン』女性読者へのアンケートを参考に「遠距離恋愛中の彼氏から鬱陶しがられる行動」をご紹介します。

  • 【1】何の根拠もないのに浮気を疑う

    「信用されてないのって悲しい」(20代男性)など、何の理由もなく、ただ離れているせいで浮気を疑われると、気分を害する男性がいても仕方がないかもしれません。不安なのはわかりますが、「夜電話に出ない」など浮気の兆候もないのに彼氏を責めるのはやめたほうがいいでしょう。

  • 【2】頻繁に会いに行かないと機嫌が悪くなる

    「そんなに会いたいなら来れば? 自分では何の努力もしないなんて」(20代男性)など、「彼氏が会いに来てくれて当たり前」という態度でいると、男性から不評を買う恐れがあるようです。さみしさを感じたら「会いに行っていい?」と自分から積極的に行動したほうがマシな印象でしょう。

  • 【3】彼氏に報告メールや電話などのノルマを課す

    「『毎日○回メールすること』とか決められると、楽しい気分じゃなくなる」(20代男性)など、束縛が過ぎると彼氏が電話やメールを義務的なもののように感じてしまうかもしれません。毎日電話やメールがしたいなら、「明日も声が聞きたいな」など、その都度甘えてみてはいかがでしょうか。

  • 【4】遊びに行ったときに彼氏の部屋の家捜しをする

    「家捜しされたことがわかるとドン引き。嫌いになっちゃうかも」(20代男性)など、不安に任せて浮気の痕跡を探るようなことをすると、せっかくの彼氏の楽しい気分も吹き飛んでしまうようです。そこまでするのは、強い浮気疑惑があるときだけにしたほうがいいでしょう。

  • 【5】電話口ですぐに泣く

    「たまになら嬉しいかもしれないけど、毎回だと正直面倒」(20代男性)など、寂しいからといって泣いてばかりいると、面倒くさいと感じる男性もいるようです。趣味に打ち込むなど、一人の時間を充実させたほうが好印象ではないでしょうか。

  • 【6】何の連絡もなしに突然会いに行く

    「サプライズのつもり? 正直怖いよ」(20代男性)など、彼氏に内緒で突然会いに行くと、喜ばれるどころか困惑されてしまうこともあるようです。ただし、誕生日や記念日であれば、ストレートに喜んでもらえる確率が高いでしょう。

  • 【7】浮気をほのめかして関心を引こうとする

    「大人なんだから、子どもっぽいこと言わないでほしい」(20代男性)など、彼氏の気を引くために「浮気するよ?」などと言うと、男性に「幼稚な行動」だとドン引きされることもあるようです。「寂しい」「会いたい」など不満を正面からぶつけたほうが、本心が伝わりやすいでしょう。

  • 【8】心配だという理由から結婚を迫る

    「軽々しく『結婚したい』って言われると冷める」(20代男性)など、よく考えもせずに結婚の話を持ちだすと、真剣に交際していた彼氏ほど好意が冷めてしまうこともあるようです。本気であればこそ、話を切り出すタイミングには慎重になるべきではないでしょうか。

  • 【9】「今すぐ会いに来て」など無理難題を出す

    「無茶なことを言われると、正直付き合いきれないと思っちゃう」(20代男性)など、孤独感からムリなお願いごとをすると、「かわいいワガママ」では済まされなくなるようです。彼氏も同じくらい寂しい思いをしていることを思えば、出かかったワガママも引っ込むのではないでしょうか。

ほかにも「遠距離恋愛中にこんなことをすると彼氏から鬱陶しがられる」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(小倉志郎)
Photo:All images by iStock