男性のコンプレックスを刺激する「取扱注意」なセリフ9パターン


全く悪気のない一言や褒め言葉のつもりでいったセリフが、男性を傷つけていることも。地雷を踏んでしまわないよう、NGワードを知っておきたいところです。そこで今回は『スゴレン』の男性読者の意見を参考にした「男性のコンプレックスを刺激する『取扱注意』なセリフ」をご紹介いたします。

  • 【1】ワイルドに憧れる男性に対する「かわいいね」

    「俺は女じゃないのに…」(10代男性)というように、キュートな見た目を褒めたつもりでも、なかには「男なのに舐められている」と受け取る男性もいるようです。男らしく見せようと背伸びしているのが分かって微笑ましく感じても、「カッコいい」と褒めてあげたほうが喜ぶでしょう。

  • 【2】学歴に自信がない男性に対する「大学のころはさー」

    「俺は大学出てないんですけど」(20代男性)というように、悪気がなくても「大卒前提」で話をされると、不快感を示す男性もいます。学歴を知らない相手に対しては、「大学のころ」ではなく、「学生のころ」と言うなど、無難な言い回しをしたいところです。

  • 【3】体質的に太れない男性に対する「細くていいね」

    「華奢なのが悩み」(20代男性)というように、たくさん食べて体を鍛えても、体質で痩せたままという男性もいます。スリムなことを気にしている男性も多いので「努力して痩せた」という人以外には、「うらやましい」と言わないほうがいいかもしれません。

  • 【4】毛深い男性に対する「こんなところまで毛が生えてるー」

    「そうだよね…気持ち悪いよね」(30代男性)というように、自分の体毛に悩んでいる男性にとって、女の子の過剰な反応は落ち込む原因になります。毛深いことをネタにしている男性以外には、体毛関連のコメントは控えましょう。

  • 【5】ドライブテクに自信がある男性に対する「もっと丁寧に運転して」

    「下手って言われたみたいでムカつく」(20代男性)というように、運転に自信がある場合、女の子に注文をつけられるとムキになる男性もいるようです。安全運転をしてほしいなら、「落ち着いて運転しているとカッコいいね」と言うなど、伝え方を工夫したほうがいいかもしれません。

  • 【6】金欠気味の男性に対する「お金がかからないところに行こう」

    「気遣いは嬉しいんだ。でも…」(20代男性)というように、貧乏を自覚する男性にとっては、胸にグサリとくる一言のようです。例えば「ご飯作りに行こうか?」など、デート代がかからないプランを伝えるのが一つ上の気遣いといえるでしょう。

  • 【7】交際経験が乏しい男性に対する「今まで何人と付き合った?」

    「過去に恋人がいて当然という考え方やめて!」(20代男性)というように、交際人数を聞かれて劣等感を刺激される男性も。もし男性が「年齢=彼女いない歴」だとわかったら大げさなくらい驚き「みんな見る目ないね」などのフォローを入れたいところです。

  • 【8】のどかな地方出身の男性に対する「だから田舎は嫌」

    「どうせ最寄りのコンビニまで車で15分だよ」(20代男性)というように、地方出身の男性によっては「田舎者」という劣等感を持った人も少なくありません。便利な都会と比較して、ほかの地域をバカにするのは、それがどこであれ、男性のコンプレックスを刺激してしまうのかもしれません。

  • 【9】体を鍛えている男性に対する「意外と体弱いんだ」

    「強くなりたいからトレーニングしているのに」(10代男性)というように、病弱だったことが原因で体を鍛えだした男性のなかには、風邪をひいたことなどに変にツッコむと「ひ弱」とバカにされたような気分になる人もいるようです。そもそも相手の体調がよくない場合、まずは「早く良くなってね」など、励ますのがやさしさではないでしょうか。

ほかにも「男性のコンプレックスを刺激する『取扱注意』なセリフ」があれば教えてください。ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock