付き合い始めた彼氏と3ヶ月以内に破局した理由9パターン


今日から恋人になろう!とお互いの気持ちを通じ合わせたものの、ごく短期間で破局してしまうカップルは決して少なくありません。そこには一体どんな理由があるのでしょうか? 今回は『オトメスゴレン』女性読者への調査結果をもとに、「付き合い始めた彼氏と3ヶ月以内に破局した理由9パターン」をご紹介します。

  • 【1】お互いに初めての恋人で、接し方がわからなくなった

    「会話やメールがぎこちなくなって自然消滅」(10代女性)など、恋愛経験が少ない男女には、カップルになったことでお互いの距離感がつかめなくなるケースもあるようです。関係を変えようとせず、これまで通りの自然な付き合い方を続けるとうまくいくのかもしれません。

  • 【2】一方だけが毎日一緒に居たがるなど、会いたい気持ちに差があった

    「ベタつかれすぎて正直うざくなった」(20代女性)など、恋人と会いたい頻度は人によって異なるもの。ペースが合わなければ、自分の生活パターンを説明しながら「デートは週一回がいい」と伝えるなど、お互いにとって丁度いい距離感を探すべきでしょう。

  • 【3】メールや電話の回数が激減し、露骨に面倒くさがられた

    「付き合う前は毎日いっぱい連絡くれたのに…」(10代女性)など、恋人になった男性からの連絡回数が減ることはよくあるようです。連絡が減ったからとしつこくメールを要求すると、よけい逃げ出したくなるのが男の性。彼氏が思わず返信したくなるような「面白いメール」を送ることを心がけた方がよさそうです。

  • 【4】彼氏に押し切られたが、やはり好きになれなかった

    「ごめん、やっぱり違った!」(20代女性)など、彼氏のリードに押されて付き合ったものの、気持ちがついてこなかったケースは多いようです。こればかりは仕方がありません。しっかりと自分の考えを伝えて、なるべく相手を傷つけない形でお別れしたいものです。

  • 【5】デートがまったく盛り上がらず、つまらないことに気がついた

    「楽しいと思い込もうとしたけど無理だった」(20代女性)など、その男性と一緒にいても楽しくないことに後から気がつくケースもあるようです。相手をよく知らないまま付き合い始めることは避け、何度かデートを重ねてから判断するのがベターでしょう。

  • 【6】相手の束縛が激しく、一緒にいることが窮屈になった

    「友達と遊ぶ予定にまで口出しされて切れた」(10代女性)など、その男性が束縛するタイプかどうかは、付き合ってみなければわからない部分があります。身勝手な束縛を要求されるなら、「そこまで干渉されたくない」ことを伝えて、冷静に話し合うべきでしょう。

  • 【7】仕事などの予定で忙しく、ロクに会う時間が作れなかった

    「スケジュールがまったく合わなかった」(20代女性)など、多忙すぎてすれ違ったことで、亀裂が生じたケースもあります。メールや電話でこまめに連絡を取ることも大切ですが、恋愛の初期段階では無理をしてでも時間をやりくりして、直接会う機会を多く設けたいものです。

  • 【8】好きという気持ちが重くなりすぎて、彼氏に引かれた

    「相手が引くのが寂しくて、さらに重くなる悪循環…」(20代女性)など、カップル同士でも「好き」の度合いに差があることはあります。一方的な感情で相手を振り回すことは避け、「どうしたら相手が喜んでくれるか」を落ち着いて考えることが肝心でしょう。

  • 【9】彼氏に「お金を貸して」と頼まれて、一気に冷めた

    「付き合い続けたら危ないと思った」(20代女性)など、恋人として深い関係になるからこそ、相手のイヤな部分が見えてくることもあります。些細な問題ならともかく、金銭や暴力にまつわるトラブルなどに発展する予感があれば、早めにお別れする方が賢明でしょう。

ほかにも、「付き合い始めた彼氏と3ヶ月以内に破局した理由」があれば教えてください。ご意見をお待ちしております。(呉 琢磨)
Photo:All images by iStock