恋愛から距離を置いていた男性が「恋を思い出したきっかけ」9パターン


過去の辛い失恋など、さまざまな理由から「しばらく恋愛はしたくない」と考えている男性は意外と少なくないようです。そんな彼らが再び恋のやる気を取り戻すのは、一体どんなときなのでしょうか? そこで今回は、『スゴレン』男性読者への調査結果をもとに、「恋愛から距離を置いていた男性が『恋を思い出したきっかけ』9パターン」をご紹介します。

  • 【1】友達の紹介で新しい出会いがあり、心がときめいたとき

    「気になる女性に出会ったら一目でピンと来た」(20代男性)など、恋愛への興味を失っている男性にとって、素敵な女性との新しい出会いは特効薬といえそうです。男性がたとえ数秒前まで「彼女はいらない」と言っていたとしても、すべての出会いは恋に発展する可能性を秘めているといえるでしょう。

  • 【2】身近な女性からデートに誘われ、恋の楽しさを思い出したとき

    「最初は乗り気じゃなかったけど、相手の積極性に押された」(20代男性)など、女性からの強いアプローチを受けたことで、その気になる男性も多いようです。行動しなければ恋は始まりません。男性が動かないなら、女性が動くしかないでしょう。

  • 【3】弱っている女性に悩みを相談され、守ってあげたくなったとき

    「自分が守るべきだ!という使命感が生まれた」(20代男性)など、弱っている女性の姿を目にして、男らしい気持ちを取り戻す人もいるようです。男性の恋愛感情は、「好きな人を守りたい」という気持ちに直結しているかもしれません。

  • 【4】恋愛ドラマや映画を観て、登場人物が羨ましくなったとき

    「まだ恋をあきらめるのは早いと気がついた」(30代男性)など、優れたフィクションは観る人の感情を揺さぶるものです。恋愛に興味がなさそうな男性をデートに誘うなら、「一緒に映画を観ませんか?」とラブストーリーを提案するのもひとつの手でしょう。

  • 【5】昔の彼女と出かけたことのある場所に遊びに行ったとき

    「当時のことを客観的に思い出してふっきれた」(20代男性)など、失恋をひきずっている男性のなかには、思い出の場所を再訪することで前向きな気持ちになれた人もいるようです。盛り上がれるメンバー数人を誘ってグループで一緒に遊びに行くと、いいきっかけになりそうです。

  • 【6】親友が結婚し、「そろそろ自分も恋をしなきゃ」と焦ってきたとき

    「今のうちに頑張らないとヤバいかもと思った」(20代男性)など、身近な男友達の結婚をきっかけにして、恋愛を再開する気になる男性もいるようです。披露宴や二次会に出席したという話を聞いたら、その直後がアプローチのチャンスかもしれません。

  • 【7】仕事や勉強が一段落して、金銭的・時間的に余裕ができたとき

    「忙しくてすっかり忘れてた」(20代男性)など、やるべきことに集中するために恋愛から遠ざかっていた男性もいるようです。それが終われば恋愛にも目が向くので、時間が空いたタイミングを見計らって話しかけてみるとよさそうです。

  • 【8】笑顔の素敵な女性と楽しく会話ができたとき

    「乾いた心にエネルギーが蘇ってきた」(20代男性)など、あまり女性と接する機会がないタイプの男性は、些細なきっかけでも恋心を思い出せるようです。満面の笑顔で相手との会話を楽しむだけでも、恋愛をはじめるチャンスは生まれそうです。

  • 【9】仕事などの悩みについて、身近な女性が自分のことのように聞いてくれたとき

    「すごく真剣な態度が嬉しかった」(20代男性)など、誠実に話を聞いてくれる女性に心を動かされる男性は多いようです。いきなり恋愛対象として接するのではなく、一人の人間として相手を思いやる気持ちが、忘れていた恋心を呼び覚ますのかもしれません。

ほかにも、「恋愛から距離を置いていた男性が『恋を思い出したきっかけ』」があれば教えてください。ご意見をお待ちしております。(呉 琢磨)
Photo:All images by iStock