ホワイトデーのプレゼントを受け取るときに、男性のテンションを上げる一言9パターン


ホワイトデーのプレゼントもらうときに、男性を喜ばせる一言を添えれば、バレンタインに伝えきれなかった想いを伝えられるかもしれません。そこで今回は、スゴレンの男性読者のみなさんの意見をもとに、「ホワイトデーのプレゼントを受け取るときに、男性のテンションを上げる一言9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「実は、あれ本命チョコだったんだ。」と伝える。

    「バレンタインじゃなくても、『本命です』と言われたら嬉しい。」(10代男性)のように、「本命」という言葉はいつでも嬉しいという男性もいます。「本命です」の言葉に勇気づけられ、告白する男性もいるかもしれません。

  • 【2】「バレンタインに渡しそびれたものがあって…。」と言って、手紙を渡す。

    予想外の手紙に驚く男性もいるかもしれませんが、その分、真剣に読んでもらうことができそうです。直接告白する勇気がない人でも、手紙ならキチンと想いを伝えられるかもしれません。

  • 【3】「ありがとう。すごくセンスがいいね!」とお返しのプレゼントを褒めちぎる。

    お返しのプレゼントを褒めちぎる様子を見て、気分を良くした男性は「また、この子にプレゼントしたい!」と思うでしょう。また、「センスがいい」の言葉を聞いた男性は、「この子とは気が合いそう。」と感じるかもしれません。

  • 【4】「○○君のお返しを一番楽しみにしてた! ありがとう!」とアピールする。

    「一番」の言葉に自尊心をくすぐられた男性は「この子は自分に気がある!」と感じることでしょう。女性の好意を確信した男性が、積極的にアプローチしてくれるかもしれません。

  • 【5】「他の女の子と差をつけてくれたんでしょうねー(笑)」と冗談っぽく好意をアピールする。

    「ちょっとからかわれているみたいだけど、女の子に親しみを抱く。」(20代男性)のように、特別扱いしてほしいことを冗談っぽくアピールされて、話しやすくなったという男性もいます。お返しをもらう前に、和やかな雰囲気をつくれそうです。

  • 【6】「ホワイトデーが終わっても、会ってくれるかな?」とそれとなくデートに誘う。

    「きっかけがないとデートに誘いにくいので助かる。」(10代男性)のように、女性からのデートの誘いは嬉しいもののようです。二人で会うきっかけを一度つくってしまえば、その後もデートしやすくなるかもしれません。

  • 【7】「お返しないかも…って思ってた。よかったー!」と心配していたことをアピールする。

    お返しをもらえて安心する女性の様子を見て喜ぶ男性もいるようです。普段は強気な女性が少し弱気な表情をしながら言えば、そのギャップに男性はキュンとするかもしれません。

  • 【8】「このお返しは、私の気持ちが伝わったってことかな?」といたずらっぽく言う。

    「気持ちが伝わったのかな?」と質問された男性は、「イエス」「ノー」で自分の気持ちを女性に伝えることができます。ただし、あまり思い詰めた表情で伝えると、男性が答えにくくなる可能性があるので、あくまでいたずらっぽく伝えた方がよさそうです。

  • 【9】「バレンタインのときは言えなかったけど、好きです。」と想い続けていたことをアピールする。

    「ホワイトデーにアプローチされただけでキュンとくる。」(20代男性)のように、アプローチされるだけで心を動かされる男性もいます。予想外の告白に胸を打たれ、女性を恋愛対象として真剣に考えるようになるでしょう。

この他、「ホワイトデーのプレゼントを受け取るときに、男性のテンションを上げる一言」には、どんなものがあると思いますか? ご意見をお待ちしております。(外山武史)