男性が女友達に「コイツにはオレが必要なのかもー!」とドキドキする瞬間9パターン


自分を必要とされた瞬間、友達だった子が「女」に見えてしまう…。男性は、頼られることで女友達に恋心が芽生えることもあるようです。ではどんな瞬間に気持ちが動くのでしょうか。『スゴレン』男性読者へのアンケートを参考に「男性が女友達に『コイツにはオレが必要なのかもー!』とドキドキする瞬間」を紹介します。

  • 【1】ほかの人には言えないような相談をされるとき

    「自分だけに心のドアを開いてくれてる!」(10代男性)など、悩みを打ち明けられることに心打たれる男性は多いようです。親しくなりたい男性に「仕事の悩み、あなただから聞いてほしくて」と相談してみると、2人の関係がぎゅっと縮まるかもしれません。

  • 【2】別れ際に「もう少し一緒にいたい」と引きとめられるとき

    「俺ってそんなに大きい存在だったの?」(20代男性)など、自分を必要とされることにキュンとくる男性もいるようです。普段元気キャラの女性なら、言葉と一緒にちょっぴり切ない表情を見せると、さらに男性のドキドキ感が増すかもしれません。

  • 【3】いつも前向きなのに、自分にだけ弱い姿を見せるとき

    「守ってあげたくなる」(20代男性)など、がんばり屋な女性が自分だけに見せる涙に、胸を打たれる男性は少なくありません。さらに「○○くんの前だと気持ちがゆるんじゃって」と気持ちを伝えると、男性は「気を許してくれているんだな」と感じ、絆が強まるかもしれません。

  • 【4】「一緒にいるとなんだか安心する」と言われるとき

    「俺の前では素の自分が出せるんだな」(10代男性)など、信頼されることに嬉しさを感じる男性もいるようです。逆に、「ただの友達としか思えない男性」に「居心地のよさ」を伝えてしまうと、彼の恋愛スイッチを入れてしまう恐れがあるので注意しましょう。

  • 【5】普段寝ているはずの時間に電話やメールがあるとき

    「寝れなくて、オレの声を聴きたくなったってことは…」(20代男性)など、さみしいときに頼りたくなるのが自分だと思ったときに、女性に愛しさを感じる男性もいるようです。ただし、やみくもに連絡するのは相手に迷惑になるので気をつけましょう。

  • 【6】無理をして明るく振るまっていることに気づくとき

    「みんなに隠そうとする素振りがいじらしい」(20代男性)など、強がってがんばる女性の本音に気づくとき、見守りたくなる男性もいるようです。普段ならハードルが高いと思うような仕事や資格試験に挑戦してみると、男友達のハートに響くかもしれません。

  • 【7】誰でもできるようなことを、わざわざ自分に頼むとき

    「俺に絡みたいのかなって思う(笑)」(20代男性)など、自分だけを頼ってくれると「特別感」を感じる男性もいるようです。たまには「○○くんって頼もしいから、つい甘えちゃう」と、気になる男性にワガママを言ってみてはいかがでしょうか。

  • 【8】突然、予期しないタイミングで「会いたい」と言われるとき

    「そんなに会いたいの?」(10代男性)など、突然の誘いは女性から強く求められている気がして、ドキッとする男性もいるようです。ただし、男性が忙しい場合はうっとうしいと思われてしまう可能性があるので、相手の状況を考えて声をかけたいものです。

  • 【9】「あなたが支えてくれるからがんばれる」と感謝されるとき

    「自分が力になっていると思うと嬉しい」(20代男性)など、感謝の言葉は、女性が自分のことを「大切な存在」だと言ってくれているようでグッとくるようです。「ありがとう」と言われると、誰しも嬉しくなるもの。日ごろから大げさなくらい感謝を表現すると、恋愛としてだけでなく人としても良好な関係が築けるでしょう。

ほかにも「男性が女友達に『コイツにはオレが必要なのかもー!』とドキドキする瞬間」はあるでしょうか。ご意見をお待ちしています。(水谷ともゑ)
Photo:All images by iStock