男性をイラッとさせる、女性が彼氏に求める古くさい価値観9パターン


いまだに「亭主関白でいたい」と語る古風な男性は多いようですが、その一方で「男ならこうであるべき」という古い価値観を持つ女性に反発を覚える男性もいるようです。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートをもとに「男性をイラッとさせる、女性が彼氏に求める古くさい価値観」をご紹介します。

  • 【1】「男性なら女性を養うのは当然」

    「その態度に萎える」(30代男性)など、彼女を将来的に養うつもりがあっても、当然のように求められると納得できない男性は多いようです。与えられるのを待つのではなく、「必要なら家計も支える」くらいの気持ちが大切なのかもしれません。

  • 【2】「告白は男性側からするもの」

    「向こうから誘ってきたのに…」(20代男性)など、時代錯誤な恋愛の形式にこだわる女性に違和感を覚える男性は多いようです。付き合ってからもデートプランは男性がすべてリードするなど、「正しいカップルのあり方」にこだわってしまうと面倒な女性だと思われてしまうのかもしれません。

  • 【3】「デートのときは男性がおごるべき」

    「収入同じで実家暮らしの子に言われてもなぁ」(20代男性)など、状況に合わない価値観を持ち出されることに不満を感じる男性もいるようです。おごられるときも、せめて払うフリをするくらいの遠慮はアピールしたほうが良さそうです。

  • 【4】「女性は男性の三歩後ろを歩くべき」

    「そんなに遠慮されると落ち着かない」(30代男性)など、男性をたてすぎても、逆に息苦しさを感じさせてしまうことがあるようです。「男の人に尽くす私…」と、女性が状況に酔うほど、男性に違和感を与えやすくなるでしょう。

  • 【5】「結局は男性社会なので、女性は仕事に向かない」

    「がんばっている女性もたくさんいるのに」(30代男性)など、一昔前の「男性社会」的価値観に縛られているような考え方に、反発を覚える男性もいるようです。無闇に個人的な考えを「女性全般」の意見として語ってしまわないよう、注意しましょう。

  • 【6】「男性なら車を持っているのが普通」

    「どうせ俺は免許もないですよ!」(20代男性)など、車の必要性を感じない男性ほど、無用なプレッシャーを与えられていると感じてしまうようです。また、仕事を頑張って車を手に入れた男性も、それが当たり前のことだと言われるとあまりいい顔はしないでしょう。

  • 【7】「男性なら力仕事ができて当然」

    「昔からやせた体型にコンプレックスがあるので」(10代男性)など、腕力などの「男らしさ」を期待されることに疲れてしまっている男性もいるようです。ただし、実際に力仕事をがんばった男性へのねぎらいとして、「男らしいね!」と声をかけることは喜ばれそうです。

  • 【8】「いつ何時でもレディーファーストであるべき」

    「外国人のようなキザなことはできない」(30代男性)など、紳士的すぎる振る舞いに照れを感じる男性もいるようです。とはいえ、単に行動全体に思いやりが感じられない男性に対しては、「大切にされたい」という女心を伝えるべきかもしれません。

  • 【9】「男性は甘いものやカワイイものに惹かれないはず」

    「大好きだっつーの!」(20代男性)など、甘いものやカワイイものへの愛を素直に表現しにくい状況にイラだつ男性もいるようです。男性と一緒にスイーツや雑貨のことで盛り上がれるなら、固定観念に縛られずに楽しんだほうがいいでしょう。

ほかにも「男性をイラッとさせる、女性が彼氏に求める古くさい価値観」はあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock