彼氏が「たとえ彼女でも口出しされたくない」と思っていること9パターン


誰にでも、他人には決して口出しされたくないことがあるものです。それは親しい間柄でも同じこと。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートを参考に「彼氏が『たとえ彼女でも口出しされたくない』と思っていること」をご紹介します。

  • 【1】こだわりのある映画やマンガ、小説の選びかたについて

    「人間性を否定されたも同じ」(20代男性)など、カルチャーに親しむ男性にとって、そのチョイスにとやかく言われるのは耐え難いことのようです。「話が合わない」とデートのお誘いが減る危険があるので、相手がすすめた作品に対して「面白くない」など、否定的な意見を言うのはやめましょう。

  • 【2】情熱を燃やしている趣味へのお金の使いかたについて

    「自分のお金だし関係ないでしょ?」(20代男性)など、趣味人の男性にとって、その金額を非難されるのは非常にうっとうしいことのようです。「趣味に理解がないからムリ」と思われる恐れがあるので、趣味のために借金しているなど度を越した額でなければ、口出ししないほうが賢明でしょう。

  • 【3】他人には理解できない家族と自分との関係性について

    「オレの家族の問題なんだから放っておいて」(20代男性)など、家族との関係性について意見されると、「よく知らないくせに!」と言いたくなる男性も多いようです。家族の問題には当事者同士にしかわからない歴史があるので、軽々しく意見しないほうがよさそうです。

  • 【4】個性を表現するための服装や髪型などファッションについて

    「好きでやってるから、彼女に言われても変える気ないよ」(20代男性)など、ファッションはその人のアイデンティティに関わることなので、ダメ出しは控えたほうがよさそうです。「いいな」と思ったときだけ褒めていれば、自然とあなたの好みが伝わるでしょう。

  • 【5】自分なりのやりかたがある仕事の進めかたについて

    「わかったようなこと言われるとムカつく」(20代男性)など、どんな人も仕事には自分なりのポリシーがあるもの。外野からとやかく言うと、彼氏の機嫌を損ねても仕方がなさそうです。意見を言うのはアドバイスを求められたときだけにしましょう。

  • 【6】やましいことは何もない元カノとの付き合いかたについて

    「もしかして疑ってる? ちょっとショック」(20代男性)など、元カノとの関係についてアレコレ言うと、浮気を疑われているのではないかと考える男性もいるようです。元カノと彼氏の仲が心配なら、「妬けちゃうな」などかわいくすねてみてはいかがでしょうか。

  • 【7】彼女とは違う楽しみがある友達との遊びかたについて

    「付き合ったら、彼女か友達か選ばなきゃいけないの?」(20代男性)など、友達付き合いを制限するようなことを言うと、窮屈に感じる男性もいるようです。月に数回飲みに行く程度なら、快く送り出してあげましょう。

  • 【8】ストレス発散になっているお酒の量や飲みかたについて

    「体を壊すほど飲んでないんだし…」(20代男性)など、体に障るような量でない限り、お酒の飲みかたへの注意はあまり彼氏に響かないようです。頭ごなしに非難せず、「心配だから飲みすぎないで」と優しく言ってみてはいかがでしょうか。

  • 【9】最終的には自分で決める就職、進学、結婚など人生設計について

    「ちゃんと自分で決めるから、黙って見てて!」(20代男性)など、特に意志の強い男性は、自分の進路に対して意見されるのを嫌うようです。「あなたならきっとできるよ」とあたたかく応援してあげるだけで十分かもしれません。

ほかにも「彼氏はこんなことに口出しされたくない」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(小倉志郎)
Photo:All images by iStock