ケチな彼氏に「ホワイトデーのプレゼントをあげなきゃ」と思わせる女性の行動9パターン


「ホワイトデーに彼氏からお返しがもらえない」と、毎年寂しい思いをしている女性は必見。『オトメスゴレン』女性読者へのアンケート調査をもとに、ケチな彼氏からホワイトデーのプレゼントをもらう方法を探ってみました。

  • 【1】「○○が欲しいなぁ」と日頃から何度も彼氏にアピールしておく

    「『しょうがないなぁ』と、プレゼントしてもらえました」(20代女性)など、女性におねだりされるとかわいいと感じる男性が少なくないようです。ただし、あまり高価なものだと逆効果になるので、数千円くらいのものを選ぶようにしましょう。

  • 【2】手料理や掃除をして、日々彼にトコトン尽くす

    「相手を変えたいなら、まず自分が変わること」(30代女性)のように、日々尽くすことで「いつも悪いな」と彼の心を動かすこともできるようです。常に彼のことを思って行動するようにすれば、二人の距離もグッと縮められるかもしれません。

  • 【3】「○○ちゃんは去年、○○をもらったんだって」と友人の話題でプレッシャーを与える

    「友だちの話をしたところ、ケチな彼氏が大奮発」(20代女性)と、友人カップルの話題は男性の闘争本能に火をつけるようです。イヤミに聞こえることもあるので、友だちカップルの話が出たときなどに自然に伝えるようにしましょう。

  • 【4】「ホワイトデー、楽しみにしてるね!」と催促メールを送っておく

    「期待していることを素直に伝えて大成功」(20代女性)のように、彼女に楽しみにされると「幸せそうな顔が見たい」と奮起する男性もいるようです。ホワイトデーが近づいてもお誘いがなければ、「ホワイトデーどうする?」とさらにプッシュしてみましょう。

  • 【5】「何を選んだらいいかわからないなら、一緒に買いにいくよ」と提案してみる

    「バレンタインデーにプレゼントをもらっている手前もあり、嫌とは言えないはず」(20代女性)と、買い物デートに持ち込む方法もあるようです。一緒に買いに行くことになった場合は、過度の負担をかけないよう彼氏の財布事情を考慮して選ぶようにしましょう。

  • 【6】「高いものじゃなくていいから、形に残るものをちょうだい」と伝える

    「金額うんぬんではなく、あなたからの贈り物がほしいというメッセージは有効」(20代女性)など、鈍感な男性にはストレートなアピールも効くようです。「あなたからの贈り物は何でもうれしい」と重ねると、成功率が高まるかもしれません。

  • 【7】「それ似合うね」など、バレンタインにあげたものの存在を意識させる

    「毎年そうやって、さりげなく圧力をかけています」(30代女性)など、女性からの贈り物を思い出させることで「ギブ&テイク」に気づいてくれる男性も存在します。ただし、何度も言うと意図がバレるので、あまのじゃくな男性への言い過ぎには注意しましょう。

  • 【8】彼氏から何かしてもらうたびに、大げさに喜ぶようにしておく

    「普段から喜びをしっかり表現しておくと、『もっと喜ばせたい』と思うみたい」(20代女性)など、日々のリアクションもポイントのようです。女性に喜ばれて、うれしくない男性はいません。「きちんと感謝の言葉を伝えているか?」など、これまでの自分のリアクションを見つめ直してみてはいかがでしょうか。

  • 【9】過去の悲惨なホワイトデー体験を笑い話にして告白し、彼氏を発憤させる

    「ホワイトデーだけでなく、普段もケチじゃなくなりました」(20代女性)のように、過去の悲しい恋愛話を聞いて「オレはそんな男とは違う」と優しさに目覚める男性もいるようです。ただし、恋人の過去の恋を聞きたくない男性もいるので気をつけましょう。

「ケチな彼氏に『ホワイトデーのプレゼントをあげなきゃ』と思わせる女性の行動」は、ほかにどんなものがあるでしょうか。皆さんのご意見や体験談をお待ちしています。(佐野勝大)
Photo:All images by iStock