「いい加減人見知り直しなよ」と彼女に言いたくなる瞬間9パターン


二人きりのときは気づかない彼女の「社交性のなさ」をふとした瞬間に実感し、イラつきを隠せない男性は多いようです。ではどのようなときに彼女に対して「内向的な性格を直して欲しい」と思うのでしょうか。今回は『スゴレン』の男性読者の意見を参考に「『いい加減人見知り直しなよ』と彼女に言いたくなる瞬間9パターン」を紹介します。

  • 【1】両親や友達に紹介したとき笑顔で会話ができないとき

    「イメージが悪い」(20代男性)など彼女が無愛想だと、「相手の気分を害してしまうのでは」とヒヤヒヤする男性は多いようです。積極的に話しかけられなくても、最低限笑顔でいることから始めると好印象に映り、彼氏も安心するでしょう。

  • 【2】面接が苦手だからとバイトもせずふらふらしているとき

    「人としてどうかと思う」(20代男性)など、人見知り以前に社会性のなさを危惧する男性もいるようです。「面接の練習相手をしてほしい」など前向きに変わろうとする姿を見せるだけで、その努力を応援してくれる男性は多いでしょう。

  • 【3】パーティなど大勢の中で端っこにいて馴染もうとしないとき

    「扱いがめんどくさい!」(30代男性)など女性の受身な姿勢に、男性は「常に面倒を見てあげなければ」というプレッシャーを感じてしまうようです。どうしても苦手な場合は「隅にいても気にしないでね」と事前に伝えておくと、彼氏に不満を抱かれずに済むでしょう。

  • 【4】分からない事があっても相手に聞けずになんでも自分に頼ってくるとき

    「俺は通訳か!」(20代男性)など質問したい相手ではなく、彼を通してしか言えない引っ込み思案な姿に男性は「手がかかる人だ」と疲れてしまうようです。ただし、「○○くんがいないと私生きていけない」など彼氏の存在の大きさを伝えると「そんなところもカワイイ」と前向きに捉えてくれるかもしれません。

  • 【5】友達たちとの集まりでケアをしないと、こっそり怒ってくるとき

    「俺に気を使わせないで!」(30代男性)など、集団行動の際、彼女のご機嫌取りをしなければいけないことにため息が止まらない男性もいます。あまりに場の空気を乱す態度は彼氏に愛想を尽かされかねないので、せめてその場で怒るのは避けましょう。

  • 【6】街でお年寄りや子供に質問されたときの態度がそっけなかったとき

    「優しくない人かも、と不安になる」(20代男性)など、彼女のそっけない態度をみて男性は彼女の人格を疑うこともあるようです。「顔が硬直しちゃうのを直したい」などわざとではないことを伝えておくと誤解されずに済むかもしれません。

  • 【7】風邪程度でも病院に付き添っていかないといけないとき

    「病状くらい自分で伝えて」(20代男性)など子どもみたいな様子に男性は呆れてしまうようです。まるで保護者のように彼氏を頼りすぎると「一生面倒みないといけないかも」と重荷にとらわれる危険性があるので注意しましょう。

  • 【8】美容院や歯医者など新規開拓をせず地元にわざわざ帰るとき

    「いちいち実家に帰るなんて理解できない」(20代男性)など彼女の消極性を異常だと感じる男性もいるようです。「今度○○くんと同じ美容室行こう」とチャレンジ精神を見せるだけで男性は「これからも一緒に楽しく過ごせそう」と関係を前向きに捉えるかもしれません。

  • 【9】職場の人に街で偶然会ったとききちんと挨拶できなかったとき

    「俺の立場も考えてほしい」(20代男性)など彼女の失態に「気がきかない女」というレッテルを貼る男性もいるようです。「あなたの足を引っ張りたくない!」と彼のために人見知りを克服したい気持ちを示せば、男性は今後も大目に見てくれるかもしれません。

ほかにも「『いい加減人見知り直しなよ』と彼女に言いたくなる瞬間」はありますでしょうか。皆様のご意見をお待ちしてます。(富岡由郁子)
Photo:All images by iStock