男性が「わかったフリすんなよ!」と反発したくなる彼女の決めつけ9パターン


付き合っていれば相手の性格もいろいろとわかってくるものですが、とはいえ、自分の印象を押しつけすぎると彼氏は不満を抱いてしまうようです。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートをもとに「男性が『わかったフリすんなよ!』と反発したくなる彼女の決めつけ」をご紹介します。

  • 【1】何でもお見通しかのように「あなたのことはだいたいわかるし」と言う

    「わざとあまのじゃくな行動をとってやろうかと思う」(30代男性)など、上から目線の分析は彼氏の反発を強めてしまうだけのようです。「思ってた以上にマメだよね」などと、ポジティブな発見を指摘すれば彼氏も前向きに受け入れるのではないでしょうか。

  • 【2】ニヤニヤしながら「私がいないとダメなんだから」と言う

    「いや、一人でいたいときもあるんだけど…」(10代男性)など、押しつけがましいアピールに引いてしまう男性もいるようです。相手を束縛するような決めつけは、逆に彼氏を逃げ出したい気持ちにさせてしまうのかもしれません。

  • 【3】あきれた様子で「これだからB型は…」と血液型を持ち出す

    「人間がたった4パターンに分けられるわけがない」(30代男性)など、血液型による決めつけを毛嫌いする男性は多いようです。「O型なのに几帳面なんだね」とたとえ褒めるつもりで使っても、「O型とか関係ある?」と逆効果になる恐れがあるので血液型の話は出さないほうが無難でしょう。

  • 【4】確信ありげに「今、○○したいって思ってない?」と聞く

    「全然思ってないし」(10代男性)など、彼女のドヤ顔をうっとうしく感じる男性もいるようです。彼氏がふと漏らす「コーヒー飲みたい」といった一言に「私もそう思ってた!」とリアクションするなど、「予想」よりも「共感」することが大切なのかもしれません。

  • 【5】彼氏の発言に対し「そう言うと思ったー」と勝ち誇ったように言う

    「何も言いたくなくなる」(20代男性)など、後だしジャンケンみたいな彼女の行動が気にくわないという男性もいるようです。相手の言葉尻をとらえるような指摘は、自分が上に立ちたいという気持ちの表れだと思われてしまうのではないでしょうか。

  • 【6】彼氏の服の好みに対して「でもそういうの似合わないよ」と断定する

    「ホントに萎える」(20代男性)など、ファッションの否定は自分という存在が全否定された気分になり、反感を持つ男性もいるようです。彼氏に自分好みの格好をしてほしいと思っている場合でも、相手の趣味を尊重する気持ちは忘れないでおきましょう。

  • 【7】あまり根拠もなく「私とあなたは似てると思う」と言う

    「正直うざかった…」(10代男性)など、一方的に強い共感を示すと、男性がわずらわしさしか感じないケースもあるようです。価値観を共有するには、「私もこのタレントさん好き!」などと、日常的にささやかな共通点を見つけていくことが大切なのかもしれません。

  • 【8】彼氏の話を聞かずに「ハイハイハイハイ」と何を言うのかわかったように聞き流す

    「別れを考えました」(20代男性)など、彼女の「聞くまでもない」という態度によって、コミュニケーションしようと思わなくなる男性もいるようです。わかりきった結論になるとしても、相手の話に耳を傾けようとする姿勢だけは見せたほうがいいでしょう。

  • 【9】疑い深そうに「そう言ってどうせ何もしないでしょ」と文句をつける

    「もう一緒にいても成長できないと思った」(30代男性)など、何も信用してくれない彼女に対し、反発を越えてあきらめの感情を抱く男性もいるようです。過去にどんな経緯があるにせよ、彼氏のやる気を全否定してしまっては関係性が悪くなるだけなのではないでしょうか。

ほかにも「男性が『わかったフリすんなよ!』と反発したくなる彼女の決めつけ」はあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock