バレンタインデーが過ぎてから、チョコを渡すときのセリフ9パターン


気になる男性と当日会えなかったり、渡す勇気がなかったりして、バレンタインデーにチョコレートを渡しそびれてしまう人も少なくないのではないでしょうか? そこで今回は、オトメスゴレンの女性読者のみなさんに、バレンタインデーが過ぎてからチョコを渡すとき、どんな一言を添えているのか聞いてみました。

  • 【1】「一度失敗したから、作り直したんだ」と言ってチョコを渡す

    「普通に渡すよりも一生懸命さが伝わると思う」(10代女性)のように、手作りチョコを作りなおす様子を男性が想像し、より印象に残りやすくなるかもしれません。「○○君のために」など、その男性のためだけに作り直したことを強調するといいでしょう。

  • 【2】「誰かに見られるのが恥ずかしかったんだ」と照れながら渡す

    「どうしても渡したかった気持ちが伝わるはず」(10代女性)のように、「恥ずかしかったから」と理由を添えて渡せば真剣さがより伝わるかもしれません。気持ちを伝えるため、照れながらでも男性の目を見て渡すといいでしょう。

  • 【3】「みんなと一緒じゃ嫌だから」と男性を呼び出し、二人きりになったときに渡す

    「『俺は特別扱い?』と思ってもらえるかも!」(20代女性)のように、本命であることを強調できるかもしれません。二人きりの空間で渡せば、あなたの言葉がより男性の胸に響くことでしょう。

  • 【4】手書きのメッセージ入りのチョコを「遅くなってゴメンね」と言って渡す

    「遅れた分、少し手を込んだものを渡したい」(20代女性)のように、手書きのメッセージを添えるなどすれば、遅れをフォローできるかもしれません。「もらえなかった」と落胆している男性にとって、嬉しいサプライズにもなるでしょう。

  • 【5】「当日は、渡せなくてゴメンね」と謝ってから渡す

    「『当日に渡すつもりでいてくれたんだ』と分かってもらえる」(20代女性)のように、当日に渡したかったことを伝えられるでしょう。当日中にメールで、「今日は渡したかったけど、渡せなかった」とフォローしておけば、渡したかったことをより強調できるかもしれません。

  • 【6】自分から食事に誘って、「遅くなったけど…」と言って渡す

    「デート中の方が、絶対印象に残ると思う」(20代女性)のように、当日渡せなくても機会をつくってアプローチする女性もいます。「遅くなったけど…」と言いながら渡せば、呼び出してでも渡したかった気持ちを理解してもらえるでしょう。

  • 【7】「もうバレンタインじゃないから…」と言って、チョコとそれ以外のお菓子を渡す

    「チョコは食べ飽きてたのかな? 他のお菓子に喜んでくれた」(20代女性)のように、チョコ以外のもので喜ばれた女性もいます。引く手あまたの男性には、チョコ以外のアプローチが新鮮に映るのかもしれません。

  • 【8】「当日だと荷物になりそうだったから」と言って渡す

    「気遣いをアピールできる」(30代女性)のように、男性の荷物にならないように、あえて遅らせるという配慮を感じてもらうことができそうです。ただし、毎年たくさんチョコをもらう男性以外にはあまり使えない一言でしょう。

  • 【9】「どうしても直接渡したかったから」と、手渡ししたかったことを伝える

    「『告白しようと思ってたのか』と思ってもらえそう」(10代女性)のように、「手渡し」という言葉から、男性に真剣な想いが伝わるかもしれません。誰にも邪魔されないところでチョコを手渡しながら、思いのたけを伝えましょう。

「バレンタインデーが過ぎてから、チョコを渡すときのセリフ」には、他にはどんなものがあると思いますか? ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock