「嫌いじゃないんだけど…」一緒にいると疲れる女性9パターン


男友達がいるのに彼氏ができないのは、あなたが周りを疲れさせるキャラだからかもしれません。では具体的にどんな言動が男性を疲弊させるのでしょうか。そこで今回は『スゴレン』の男性読者のみなさんに「一緒にいると疲れる女性」について教えていただきました。

  • 【1】人の悪口や噂話ばかりしたがる女性

    「こっちは聞きたくないです」(20代男性)というように、陰口ばかりたたく女性の会話に付き合うのが苦痛だという男性もいるようです。悪口や噂話は同じようにウワサ好きの女友達と思う存分話して発散しておき、それ以外の人との話ではネタとして持ち出さないほうがいいのかもしれません。

  • 【2】「私なんて…」が口癖のネガティブな女性

    「いちいち慰めるのが面倒」(20代男性)というように、後ろ向き発言連発の女性をフォローし続けるのが、次第にわずらわしくなるという男性もいます。あまり高望みをせず、「今のままでいい」と自分を認めてあげれば、「私なんて…」などの発言が減るかもしれません。

  • 【3】いつも声とテンションが高い女性

    「ノリについて行けない」(20代男性)というように、元気が良すぎる女性と波長が合わずに疲れてしまうという男性もいます。周囲の状況に合わせて声のトーンをセーブしたり、相手のテンションに合わせて接するように意識すると、周りを疲れさせずにすむかもしれません。

  • 【4】天然すぎて話が前に進まない女性

    「すぐに話がそれてストレスを感じます」(20代男性)というように、不思議キャラの女の子とは、まともな会話ができずにイライラすることが多いと語る男性もいます。思い当たる方は、途中で何か話したくなっても口を挟まず、男性の話が終わるまで我慢して付き合うなどしてみましょう。

  • 【5】機関銃のようにしゃべり続ける女性

    「だんだん朦朧としてくる」(20代男性)というように、一方的に話し続けられると、相槌を打つしかない男性は、ひどく疲れてしまうようです。話すときは相手の反応を見つつ、つまらなそうなら話を切り上げる、男性に意見を求めてみるなど、メリハリをつけたほうがいいのかもしれません。

  • 【6】他人のプライベートにガンガン足を踏みいれる女性

    「聞かれたくないのに、しつこく聞いてくる」(20代男性)というように、女性から他人には話したくないことを詮索されて心底ウンザリしたという男性もいます。男性が真顔で「言いたくない」とか「内緒」などと言ったときは本気で嫌がっている証拠なので、根掘り葉掘り聞くのは控えましょう。

  • 【7】機嫌がいい日と悪い日のギャップが激しすぎる女性

    「月曜日はとくにご機嫌ナナメなので気を使います」(20代男性)というように、日によって全く態度が違う女性に振り回され、気疲れしている男性もいます。周りに気を使わせてしまわないように、イライラやムカつきといった感情は表に出さず、落ち着いた自分をとり繕うことも大切と言えそうです。

  • 【8】いつもどこかしら体調が悪いとアピールしている女性

    「こっちまでしんどくなります…」(30代男性)というように、「不健康話」を聞いているとこっちまで具合が悪くなってしまいそうだという男性もいます。頻繁に口にすると、本当にひどく具合が悪いときに、信じてもらえない可能性もあるので、我慢できるときは口に出さない方がよいでしょう。

  • 【9】ちょっとでも嫌なことがあるとすぐ泣く女性

    「泣けば思い通りになると思っているから自己中」(20代男性)というように、自分の希望を通すために、涙を武器にしようとしている女性にゲンナリしている男性もいるようです。涙に頼りすぎないように、自分の想いを伝えてくれる言葉や表現を書籍などから学ぶといいかもしれません。

「『嫌いじゃないんだけど…』一緒にいると疲れる女性」には、ほかにどんなタイプがいると思いますか? ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock