「デート代は男性が奢るべき」という価値観に対する、いまどき男性の本音9パターン


一般的に「デート代は男性が出すもの」と言われていますが、実際には割り勘にしているカップルは少なくないなど、懐事情は人によって様々。世の男性たちは「デート代の奢り」について、本音ではどう考えているのでしょうか? 今回は『スゴレン』男性読者への調査結果をもとに、「『デート代は男性が奢るべき』という価値観に対する、いまどき男性の本音9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「心から楽しめる素敵なデートなら全額払いたい」

    「二人の思い出が増えるなら安いもの」(10代男性)など、十分に楽しいデートならば「全額奢り」も苦にならない男性は多いようです。しかし、逆に言えば「詰まらないデートでは奢りたくない」わけで、女性側にも積極的にデートを盛り上げる気持ちが求められていると言えそうです。

  • 【2】「やっぱり男が全額奢るべき。甲斐性を見せたい」

    「そこで格好つけるのが男の甲斐性だから」(20代男性)など、とにかくデート代は男が奢るものという価値観の男性も少なくないようです。その分、資金が乏しければデートの内容が安上がりになる可能性もありますが、その心意気は素直に讃えたいところです。

  • 【3】「奢られて当然と思っている女性には奢りたくない」

    「態度ですぐ分かる」(20代男性)など、デート代は男性が奢るものではあるけれど、「そう思っている女性には奢りたくない」という複雑な心理もあるようです。奢ってもらったら必ずお礼を言うなど、感謝の気持ちをやや大げさに表現することは忘れたくないものです。

  • 【4】「基本はおおざっぱな割り勘がいい。端数は自分が出す」

    「同世代で収入も同じくらいなら、現実的にこれでよくない?」(20代男性)など、ほぼ割り勘にした上で、少しだけ男性が多めに出すという人も多いようです。学生や若い社会人など金銭的な余裕がない世代であれば、「奢り」はなかなか厳しいのかもしれません。

  • 【5】「端数の小銭だけ払ってもらって割り勘ってことにする」

    「収入のある女性なら、形だけでも払ってもらう方が相手の負担にならない」(30代男性)など、気遣いからあえて女性に少額出してもらい、「割り勘」ということにする男性もいるようです。女性に精神的な負担をかけないための、大人なやり方といえそうです。

  • 【6】「自分が誘ったのなら全額奢る。それ以外は割り勘」

    「誘った以上は奢るのがマナーだから」(20代男性)など、自分が誘ったデートであれば奢るというスタンスの男性もいるようです。この場合、正式に付き合い始めた彼女との日常的なデートでは「きっちり割り勘派」になる可能性が高そうです。

  • 【7】「奢るのはいいけど、たまには奢られたい」

    「出してくれようとする気持ちが嬉しい」(10代男性)など、基本的には男性が奢るものの、ときには逆の立場になりたいという男性も少なくないようです。金額はあまり問題ではなく、「奢りっぱなしではない」という公平感に満足するのかもしれません。

  • 【8】「将来を考える相手なら7:3くらいで割り勘にしたい」

    「いずれ結婚まで考えるなら、お互いの貯蓄も意識したい」(30代男性)など、将来的に財布がひとつになることを踏まえ、デート代の支出をシビアに考えている男性もいるようです。奢られることを喜ぶだけでなく、相手の懐具合を配慮することも必要といえそうです。

  • 【9】「金があるなら奢りたい。金があるなら」

    「ちくしょー!」(20代男性)など、奢りたい気持ちはあっても財布が付いてこないという男性もいるようです。女性の方からお金のかからないデートを提案したりして、男性への負担を少しでも減らしてあげたいものです。

ほかにも、「『デート代は男性が奢るべき』という価値観に対する、いまどき男性の本音」があれば教えてください。ご意見をお待ちしております。(呉 琢磨)
Photo:All images by iStock