「もしかして嫌われたかも…?」と男性が不安になってしまう言動9パターン


女性にとっては特に深い意味のない行動でも、場合によっては男性を落ち込ませてしまうことがあるようです。では、男性が気にするのは、女性のどんな行動なのでしょうか。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートをもとに「『もしかして嫌われたかも…?』と男性が不安になってしまう言動」をご紹介します。

  • 【1】メールに絵文字を使わなくなり、シンプルな返信をする

    「心が離れている気がします」(10代男性)など、絵文字の使用に関して敏感な男性は多いようです。とはいえ、後からたっぷり絵文字の入ったメールを送れば、たいていの男性はすぐに気分が盛り上がるようなので、フォローは簡単かもしれません。

  • 【2】急に言葉が少なくなり、返事もうわのそらになる

    「なんかマズイこと言った!?」(20代男性)など、男性は自分のせいで口数が減ったのではないかと不安になってしまうようです。男性がフォローしようとオロオロしていたら、「ごめん、ちょっと疲れてて」と安心できる理由を言ってあげるといいでしょう。

  • 【3】数人でいるときに、隣に座らないケースが続く

    「避けられているのかも…」(20代男性)など、特に好きな女性に対しては、飲み会のポジションまで気になってしまう男性もいるようです。気になる相手に照れたり遠慮したりして距離をおくと、マイナス効果を生んでしまうかもしれません。

  • 【4】話の最中にケータイをいじってばかりいる

    「俺に興味ないんだな」(30代男性)など、ケータイばかり見る女性から「拒絶」のオーラを感じる男性は多いようです。どうしてもメールをしなければならないときは、「いま仕事でトラブってて」など、きちんと相手に断りを入れることが大切でしょう。

  • 【5】何かとメールの返信に時間がかかるようになる

    「面倒だと思われてる…?」(10代男性)など、遅い返信が続くと、相手の女性にやる気がないのだと受け取る男性は多いようです。ただし、内容やデコレーションにボリュームがあれば、男性も返信の遅さはあまり気にならないようです。

  • 【6】街中で偶然男性と出会っても、スルーしてしまう

    「え、無視!?」(20代男性)など、街でバッタリ見かけた女性にスルーされると、「気づかないフリ」をされたのではないかと悩んでしまう男性もいるようです。後から男性に通り過ぎたことを指摘された場合は、「え!? 声かけてくれればよかったのに!」と多少大げさに残念がってみたほうがいいかもしれません。

  • 【7】男性をからかうような発言をしつつも、笑顔がない

    「真意がわからない」(30代男性)など、表情が少ないと何を言っても意図が伝わらず、男性を混乱させてしまうようです。逆に明るい笑顔さえあれば、男性も辛口コメントでも冗談だと感じてくれるのではないでしょうか。

  • 【8】男性の話を切り上げて、全く関係ない別の話題を振る

    「なんか地雷踏んだ?」(20代男性)など、トークが打ち切られることで、女性の気分を悪くしてしまったのではないかと気にする男性は多いようです。男性の話にはっきりリアクションを示していれば、話の筋道がそれても余計な心配をかけずに済みそうです。

  • 【9】ほとんど目を合わせない

    「心のシャッターを閉じているのでは?」(30代男性)など、女性から目を合わせてもらえないと、受け入れられていないと感じる男性は多いようです。たまにチラッと相手の目を覗き込むだけでも、コミュニケーションをとろうという気持ちは伝えられるのではないでしょうか。

ほかにも「『もしかして嫌われたかも…?』と男性が不安になってしまう言動」はあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock