「女の子と話すのが苦手…」という男性が女性に期待する態度9パターン


積極的に女性に話しかけられない受け身の男性は、日頃から「女性がもっとこうしてくれたらいいのに」と密かに願う行動があるようです。実際に男性はどのような対応を女性に求めているのでしょうか。今回は『スゴレン』の男性読者の意見を参考に「『女の子と話すのが苦手…』という男性が女性に期待する態度9パターン」を紹介します。

  • 【1】終始、笑顔で話してほしい

    「話が苦じゃないと安心する」(20代男性)など、ニコニコ楽しそうに話を聞いてくれている姿に「俺ってつまらなくない」と勇気づけられる男性は多いようです。例え、話下手なだけに支離滅裂な会話になっても一生懸命な姿をくんで笑顔で対応すると、男性はあなたに心を許してくれるかもしれません。

  • 【2】自分に相談を持ちかけるなど、心を開いてくれたかのように接してほしい

    「何でも話してくれる子は無条件で好きになりそう」(20代男性)など、込み入った話に「自分を受け入れてくれたのかも」と喜ぶ男性もいるようです。気になる相手には、家族の話などごくプライベートな相談を持ちかけると、男性が感激して距離が縮まるかもしれません。

  • 【3】こちらが黙っていても積極的に話しかけてきてほしい

    「本当はとても話したいんです!!」(30代男性)など、うまく気持ちが表現できないことを分かってほしいと心の中で叫んでいる男性もいるようです。ただし、相手の反応お構いなしに一方的に話しまくると、「ただうるさい人」になりかねないので注意したいところです。

  • 【4】すぐに切り上げず、1つの話題をある程度盛り上げてほしい

    「会話を続けられないと、相手が退屈しそうだから…」(20代男性)など、会話が速攻で終ってしまうことを、話が苦手な男性は不安に思うようです。「どう思う?」など、話題を広げるために毎回意見を聞くと、「こんなに会話が続く子はいない」と感激する男性は多いでしょう。

  • 【5】間が空かないように、とにかく質問攻めしてほしい

    「沈黙が怖い」(10代男性)など会話が途切れる事に恐怖を抱く男性もいるようです。まずは「一問一答早押しクイズ」のようにゲーム感覚で男性にポンポン質問を投げてみると、「この子といると楽しい」と思ってくれるかもしれません。

  • 【6】返事や相づちで否定的な発言をしないでほしい

    「この先話す勇気がなくなる」(20代男性)など、男性が「努力を踏みにじられた」と感じてしまうパターンです。反対意見があっても、まずは「そういう考え方もあるよね」といったん同意してあげると、あなたの前では水を得た魚のように饒舌になるかもしれません。

  • 【7】「○○さんは?」と意見を聞いて会話の輪に入れてほしい

    「気に留めてくれることが嬉しい」(20代男性)など、話に混ざれず途方に暮れている男性を気遣う女性に好印象を抱くようです。「○○くんて実は面白いんだよ」とみんなにアピールなどすると、男性は「自分のよさを引き出してくれる女性」と感動もひとしおでしょう。

  • 【8】女性との会話が得意な男性への態度と同じように接してほしい

    「せめて子供に話しかけるようにはしないで…」(10代男性)など、女性の計らいが裏目に出てしまうケースです。「どした? 言ってごらん」「よく説明できたねー」など必要以上のケアや反応は、「バカにしてるのか」と男性の気分を害する危険があるので気をつけたいところです。

  • 【9】テンパってしまうのでゆっくり話しかけてほしい

    「思考回路がおいつかない」(20代男性)など会話のスピードについていけず、うまく対応できないことを心配する男性は多いようです。ひとつひとつ整理させていくように、少し間をもって会話すると「きちんと向き合える相手だな」と男性が喜んでくれるでしょう。

ほかにも「『女の子と話すのが苦手…』という男性が女性に期待する態度」はありますでしょうか。みなさまのご意見をお待ちしております。(富岡由郁子)
Photo:All images by iStock