イケメンではない男性を、ごくごく自然に褒める言葉9パターン


見た目に自信がない男性を「カッコいい」と褒めても、心に響くことは少ないかもしれません。男性を褒めるときは、その人に相応しい言葉をチョイスしたいところです。そこで今回は『スゴレン』の男性読者のみなさんの意見を参考に、「イケメンではない男性を、ごくごく自然に褒める言葉」を考えてみました。

  • 【1】「目がキレイですね」など、男性の体の一部を褒める

    「『でしょう?』って言いたくなる(笑)」(20代男性)というように、チャームポイントを褒められて気分がいいのは男性も同じです。「手がキレイ」「けっこう筋肉あるね」など、その男性ならではの特長を指摘すると、相手への好意もそれとなく伝えられるでしょう。

  • 【2】「やっぱり男は30歳からですね」など成熟度を褒める

    「大人の男に見られている気がする」(30代男性)というように、年下女性からの憧れや尊敬を感じて、心の中でガッツポーズをする男性もいます。とくに仕事が充実している男性や、いつも自信ありげな男性のプライドをくすぐる一言と言えるかもしれません。

  • 【3】「○○君の話、いつもホントにウケる!」など男性の話術を褒める

    「面白いっていうのは最高の褒め言葉」(20代男性)というように、笑いのセンスに太鼓判を押されるとテンションが上がるという男性も。すぐにウケを狙う、会話の最後に必ずオチをつけるなど、人を笑わせるのが好きなタイプは「面白い」「ウケる」と褒めまくりましょう。

  • 【4】「いつもオシャレだよねー」などファッションセンスを褒める

    「一応、こだわってますから」(20代男性)というように、身なりに気を使う男性は、服の趣味を褒めると喜んでくれるようです。例えば「差し色の赤がいいね」など、男性が工夫したと思われるポイントを取り上げると、より気分を良くしてくれるかもしれません。

  • 【5】「落ちついた、大人のトーンですね」など男性の声を褒める

    「あまり言われないのでドキッとした」(30代男性)というように、男性にとって、声色を褒められるのは驚きつつも嬉しいことのようです。ゆっくりと落ち着いた口調で話す男性に対して、大人の魅力を感じていることを伝えられる褒め言葉と言えるでしょう。

  • 【6】「あのとき、カッコ良かったです」など男性の行動を褒める

    「見ててくれてありがとう」(20代男性)というように、活躍した場面を切り取って褒め、男性へいつも熱い視線を送っていることを匂わせる作戦です。男性が男前な行動をしたときは、「後でどう褒めよう?」と考えながら細かいところまで目に焼き付けておくと、「そんなとこまで気づいてくれたの!?」と感動されるかもしれません。

  • 【7】「本当になんでも知ってるよねー」など男性の雑学王ぶりを褒める

    「ウンチクを溜めた甲斐がある」(30代男性)というように、博学ぶりに敬意を見せると、鼻を高くする男性は少なくないようです。たとえ「それ私も知ってる」というマメ知識でも、知らない振りをして褒めてあげるのが優しさではないでしょうか。

  • 【8】「めちゃくちゃ絵が上手!」など男性の特技を褒める

    「唯一自信があるところです」(10代男性)というように、得意分野を褒めてくれた女の子を、その後意識するようになったという男性も。「特に○○の描き方がすごい」など、力を入れていそうなポイントを褒めると、「分かっている」感じがより伝わるでしょう。

  • 【9】「○○さんは、いつも一生懸命ですね」など性格の良さを褒める

    「好意的な感じが伝わってきて嬉しい」(30代男性)というように、上っ面ではなく、中身を見て褒め言葉を選ぶと、より男性の心に響くのかもしれません。「やさしさ」「マジメさ」「男らしさ」など、男性の内面の魅力を垣間見たとき、間髪いれずに伝えたいところです。

「イケメンではない男性を、ごくごく自然に褒める言葉」には、ほかにどんなものがあると思いますか? ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock