男性からはムダだと思われている「モテ目的の努力」9パターン


女性が本気で頑張っていても、男性からは認められない努力というものがあります。では、男性から見てムダな努力とは、一体どんなものでしょうか。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートを参考に「男性からはムダだと思われている『モテ目的の努力』」をご紹介します。

  • 【1】完全につけていることがわかる「つけまつげ」

    「不自然な『つけまつげ』の意味がわからない」(20代男性)など、「つけています」と主張するかのようなフサフサのつけまつげに疑問を感じる男性もいるようです。ナチュラルな雰囲気が好きな男性の前では、自然に見えるエクステのほうがいいかもしれません。

  • 【2】男性はほとんど気づかない「ネイルアート」

    「女子には悪いけど爪は全然見てない」(20代男性)など、女同士では関心の的となるネイルも、男性の目にはまったく映っていないこともあるようです。爪のお洒落は自己満足と割り切るか、男性にもわかりやすい服や髪型にお金をかけたほうがいいでしょう。

  • 【3】十分痩せている女性が行う「ダイエット」

    「男はガリガリの子なんか好きじゃないよ」(20代男性)など、モデル体型の女性に魅力を感じる男性は多くないようです。ムリなダイエットのためにデート中も満足に食事ができないくらいなら、気持ちよくたくさん食べたほうが好印象かもしれません。

  • 【4】フランス料理などよそ行きの料理を習う「料理教室通い」

    「家で食べたいのはフランス料理より煮物でしょ」(20代男性)など、女性が張り切ってハレの日の料理を習っても、男性ウケはあまりよくないようです。ただし、基本的な家庭料理はマスターした上での料理教室通いであれば、むしろ喜ばれるでしょう。

  • 【5】派手な顔立ちになってしまう「過度なメイク」

    「女子はすっぴんのほうがいいくらいなんだけど…」(20代男性)など、頑張ってバッチリメイクをしても、ナチュラルメイク好きの男性にはかえって逆効果なようです。好きな有名人を聞くなど、意中の男性の好みを把握してからメイク方針を決めましょう。

  • 【6】遊び慣れているように見える「セクシーなファッション」

    「露出度高めの格好をされるとちょっと引いちゃう」(20代男性)など、拒否反応を示す男性もいるようです。自分の好きな子の肌を他人の目に晒したくないという男心でしょうか。とはいえ、「上着を脱いだらセクシー」など、短時間でドキッとさせるだけならアリかもしれません。

  • 【7】近寄りがたく思える「全身ブランド品」

    「全然隙がない感じでちょっと緊張する」(20代男性)など、女性がブランド品で完ぺきに身を固めていると、お洒落に疎い男性は特に「住む世界が違う」と感じるようです。ロゴが目立たないものを選ぶか、バッグや靴などポイント使いにすれば問題ないでしょう。

  • 【8】女同士の友情ばかり深まる「女子会」

    「女子力アップ的な目的だろうけど、話してる内容を考えるといい印象はない」(20代男性)など、恋バナが繰り広げられるであろう女子会に対し、あまりいいイメージを持たない男性もいるようです。「映画女子会」などお題が限定されれば、少しは印象がよくなるかもしれません。

  • 【9】すぐには効果が現れない「エステ通い」

    「髪型変えてもわからないのに、エステなんて気づくわけがない(苦笑)」(20代男性)など、エステの美容効果を男性に気付いてもらうのは少し難しいかもしれません。とはいえ、続けていれば徐々に効果が現れるものなので、即効性を期待せず気長に続けましょう。

ほかにも「男子から見るとこんなモテ目的の努力がムダ」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(小倉志郎)
Photo:All images by iStock