付き合ってすぐ彼女と同棲したがる男性の本音9パターン


彼女ができると、すぐに一緒に暮らしたがる男性は少なくありません。彼らはいったいどんな気持ちで同棲を持ちかけているのでしょうか。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートを参考に「付き合ってすぐ彼女と同棲したがる男性の本音」をご紹介します。

  • 【1】仕事が忙しくてなかなか会えないから

    「お互い仕事が忙しくて、デートしたくてもなかなか…」(20代男性)など、多忙な男性は一緒に暮らすことですれ違いを解消しようと思うことがあるようです。お互い、会えないことを不満に感じているなら、同棲を検討してもいいかもしれません。

  • 【2】料理や掃除をしてもらえると助かるから

    「彼女が奥さんみたいなことをしてくれると思って(苦笑)」(20代男性)など、特に家事が苦手な男性は、同棲をすれば女性が家事を担当してくれると期待してしまうようです。なんでもかんでも押し付けられないよう、家事の分担については、同棲前にきちんと話し合っておいたほうがいいでしょう。

  • 【3】結婚を前提に付き合っているから

    「どうせ結婚するんだし、早いほうが『お試し期間』が長くていい」(20代男性)など、将来の結婚を見据えて同棲を申し出る男性もいるようです。彼氏が結婚するつもりでいても、こちらが軽い気持ちだと、同棲を始めたとたんに「思っていたのと違う」と思われてしまうおそれもあるので、まずイメージのすり合わせが必要でしょう。

  • 【4】純粋に毎日一緒にいたいから

    「結構寂しがりなので、彼女ができたら毎日会いたい」(10代男性)など、「会いたい」という純粋な気持ちが高じて、同棲を夢見る男性もいるようです。とはいえ、同棲はリアルな生活の場です。一緒に暮らしてうまくいく相手なのか、現実的な問題も検討しましょう。

  • 【5】そろそろ一人暮らしにも飽きたから

    「一度くらいは誰かと生活してもいいかなって」(30代男性)など、一人暮らしの楽しさを堪能した大人の男性が、興味半分で同棲を思いつくこともあるようです。同棲のメリットとデメリットについてよく話し合い、それでも意志が固いのか確認する必要があるでしょう。

  • 【6】彼女のことをもっとよく知りたいから

    「デートだけじゃ、結局よくわからない気がする」(20代男性)など、一緒に生活することで、相手のことをより深く理解したいと考える男性もいるようです。自分のすべてをさらけ出してもいいと思える相手でなければ、思いとどまったほうがいいかもしれません。

  • 【7】わざわざデートをするより同棲したほうが楽だから

    「お出かけって正直面倒くさい。同棲すれば毎日がデートみたいなもんでしょ」(20代男性)など、出不精な男性がデートを回避するために同棲したがるケースもあります。同棲の動機が若干後ろ向きなので、手放しで申し出を喜ぶと、休日は一日家でゴロゴロして終わるような事態になりかねないので注意が必要でしょう。

  • 【8】体調が悪いときに看病してもらえるから

    「一人暮らしだと調子が悪いとき心細くて」(20代男性)など、体調を崩したときに感じた心細さが同棲の動機になる男性もいます。あなた自身が世話好きなタイプでなければ、いつか彼氏の「お母さん」代わりになってしまい、不満が出てくるかもしれません。

  • 【9】付き合ったらどちらかの家に入り浸るタイプだから

    「付き合うと結局半同棲みたいになる。いつものパターンってだけ」(20代男性)など、彼女ができると必ず同棲をするという男性もいるようです。なあなあの関係がラクなだけで結婚を前提にしているわけではないので、それを期待しているならガッカリすることになるでしょう。

ほかにも「すぐに同棲したがる男性の本音」に関するエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(小倉志郎)
Photo:All images by iStock