男性が理解できない彼女の「怒りポイント」9パターン


女性にとっては当然の不満でも、男性には「なんで怒っているの?」とピンと来ないことがあるようです。では、どのような問題が男性には伝わりにくいのでしょうか。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートをもとに「男性が理解できない彼女の『怒りポイント』」をご紹介します。

  • 【1】質問が含まれていないメールには返信しなかった

    「返しようがないのに…」(20代男性)など、男性はメールを事務的にこなすことが、女性の機嫌を損ねることになるとは夢にも思っていないようです。ダメ出しではなく「こんなメールをもらえたらうれしい」と、願望を伝えてみてはいかがでしょうか。

  • 【2】疑う余地のない女友達と食事に出かけた

    「二人きりじゃないし、意味がわからない」(20代男性)など、友達を大切にする男性には怒りそのものが受け入れられないようです。「私より付き合いが長いから、ちょっと嫉妬しちゃうな」などと正直な気持ちを口にすると、彼氏も思いやりが持てるかもしれません。

  • 【3】「もっとやりがいのある仕事がしたい」と転職の相談をした

    「応援してくれると思ったんですが…」(20代男性)など、ビジョンのない転職願望に彼女が腹を立てることに戸惑う男性もいるようです。ただし、いい加減な気持ちで転職を語るような彼氏に対しては、思い切ってその甘さを指摘する厳しさも必要なのかもしれません。

  • 【4】「忙しいからしばらく電話とかむずかしそう」と言われたので、全く電話しなかった

    「どうも納得できない」(30代男性)など、内心電話がかかってくることに期待してしまう乙女心を理解できない男性は、論理的な矛盾にストレスすら感じるようです。こうした彼氏には野暮だと思っても、なぜ怒ったのか、どうしてほしいのか、いちいち説明することも大切でしょう。

  • 【5】元カノについて聞かれたからありのままを話した

    「隠しごとは嫌いだし、聞かれたから言ったのに」(20代男性)など、素直すぎる男性にとって、元カノをほめるような発言に焼きもちを焼いてしまう乙女心が想像できないようです。ただムッとするのではなく、「かわいい彼女と別れて残念だったね」とわかりやすくイヤミを言ってみてはいかがでしょうか。

  • 【6】悩み相談に対して、理路整然と解決策を語った

    「自分なりに誠意のある対応をしたつもりです」(20代男性)など、がんばって相談に応じたつもりが、彼女が怒って驚いてしまう男性もいるようです。男性の対応に不満でも、怒らずに「ありがとう、でも聞いてくれるだけでいいの」とやさしく伝えると、相手を傷つけずに済みそうです。

  • 【7】体重や体型のことを冗談まじりでフォローした

    「『太っててもかわいいよ』と言ったらマジギレ」(20代男性)など、デリカシーのなさに気づかない鈍感な男性もいるようです。とはいえ、いくら鈍感な彼氏でも、何度か怒られていれば問題点が理解できてくるのではないでしょうか。

  • 【8】誰に対しても優しすぎるほど紳士的に接していた

    「自分にとっては当たり前のことだったんですが」(20代男性)など、自然に身についた礼儀だけに、彼女に「八方美人」と非難されて困惑する男性もいるようです。「今日は私だけに優しくてうれしい」と、さりげなく特別扱いされたいと思っていることを伝えられるといいでしょう。

  • 【9】束縛してもダメ、無関心でもダメで、ほどよい距離感がわからなかった

    「身動きとれません…」(10代男性)など、彼女との接し方をつかみきれない男性もいるようです。あまり多くを求めると彼氏にストレスを与えてしまうので、電話やメールの頻度を決めるなど、二人の距離感を自分でコントロールしてしまうほうがいい場合もありそうです。

ほかにも「男性が理解できない彼女の『怒りポイント』」はあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock