バリバリ働く女性をつい応援したくなる瞬間9パターン


職場で男性同様に一生懸命働く女性に対して、男性は「頑張れ!」と勇気づけてあげたくなる瞬間があるようです。では、どういった時にエールを送りたくなるのでしょうか。今回は『スゴレン』の男性読者の意見を参考に、「バリバリ働く女性をつい応援したくなる瞬間9パターン」を紹介します。

  • 【1】忙しくて辛いはずなのに、誰に対しても笑顔でいるとき

    「無理しないで、と言ってあげたい」(30代男性)など、女性が本心を押し殺して頑張る姿に「強がらないで」と気持ちを緩めてあげたくなる男性は多いようです。たまには弱音を吐いてみると男性が「自分だけに弱さを見せてくれた」と喜ぶかもしれません。

  • 【2】汗をかいて髪を振り乱すほど仕事に夢中になっているとき

    「カッコいいしセクシー」(30代男性)など、女性が外見まで気が回らないほど捨て身で仕事に熱中する姿に、男性は敬愛の念を抱くようです。ただし、毎日スッピンで出社するなど女性としての最低限の身だしなみに欠ける行為は避けたいところです。

  • 【3】失敗してがっくり落ち込んでいるとき

    「慰めてあげたい」(20代男性)など、女性が落ち込んでいるようすに胸を打たれ、力になってあげたくなる男性は多いようです。ときには「一緒に飲みにいってくれませんか」などと素直に甘えてみると、男性は「やっと役に立てる!」と意気込んで誘いに乗ってくれるでしょう。

  • 【4】いつもはほわんとした子が、凛とした表情で真剣に取り組んでいるとき

    「ギャップにやられる」(20代男性)など、『やるときはやる』という普段は見せない女性の底力に心を奪われる男性もいるようです。男性上司に「この仕事をやるのが夢でした」など伝えると「この子に色々教えてあげよう」と仕事面の評価も上がるかもしれません。

  • 【5】朝早く、夜遅い過密スケジュールでも手作りのお弁当を持参してきているとき

    「奥さんにしたい!」(20代男性)など仕事も家事もきちんとこなす女性に、男性は感服するようです。「不規則な生活だから食べ物には気を使わないと」などの意識がある自己管理がしっかりできる女性と、将来を見据えてお付き合いしたい男性は多いでしょう。

  • 【6】困ってそうなのに、他人に頼る素振りを見せないとき

    「俺が力になってあげたい」(20代男性)など、一人で悩みを抱え込んでいる女性を、男性はどうにかしてあげたいと思うようです。「あー今日はダメだな私」などつぶやいてみると、「俺に頼りなさい」とばかりに悩みを聞きに来てくれる男性もいるかもしれません。

  • 【7】仕事の話を生き生きとしているとき

    「目が輝いていて魅力的」(30代男性)など、仕事が楽しくて仕方ない女性を男性が微笑ましく感じるパターンです。とはいえ、好意ある男性に仕事の話ばかりしてしまうと「自分に興味が無いのでは」と疑われ兼ねないので、注意したいところです。

  • 【8】上司のオヤジギャグにきちんとつきあってあげているとき

    「えらすぎる」(20代男性)など、本当はわずらわしい相手でも笑顔でやり過ごしている女性の姿勢に「器の大きい人だな」と男性は感激するようです。とはいえ、いい人過ぎる完璧な女性は男性が壁を感じるので、「毎回はちょっとキツいよね」など冗談まじりで本音をこぼすと、男性が仲間意識を感じることができ嬉しいかもしれません。

  • 【9】ダメ出しされてもグチをこぼさず、何度もやり直しているとき

    「悔しさに耐えている姿が愛おしい」(30代男性)など、男性は、女性のガッツを尊敬するとともに、見守っていたいと思うようです。「頑張ります!」などとどこまでも前向きな気持ちをアピールすると、終わった後に「お疲れ様」とビールを差し出してくれる男性が現れるかもしれません。

ほかにも、「バリバリ働く女性をつい応援したくなる瞬間9パターン」はありますでしょうか。皆さんの意見をお待ちしております。(富岡由郁子)
Photo:All images by iStock