気になる男性へアプローチするのを躊躇してしまう理由9パターン


異性を好きになる気持ちは男女平等。しかし、自分の方から積極的に男性へアプローチできないという女性は多いものです。気になる男性が側にいるのに、好意を寄せることを躊躇してしまうのは何故でしょうか? 今回は『オトメスゴレン』女性読者への調査結果をもとに、「気になる男性へアプローチするのを躊躇してしまう理由9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「彼氏がほしくてがっついている」と思われたくないから

    「軽く見られそうで不安」(20代女性)など、「軽い女」と思われることを恐れている女性は多いようです。しかし、極めてモテる例外を除き、女性からアプローチされて喜ばない男性はまずいません。「メールアドレスを聞く」などのきっかけ作りは、堂々とチャレンジしてみるべきでしょう。

  • 【2】自分の魅力に自信がなく、吊り合わないと思うから

    「イケメンは遠目で眺めるので精一杯」(20代女性)など、男性の魅力に気圧されてしまうという意見も少なくありません。しかし、自信はあくまでも主観の問題。ファッションやメイクを頑張るなどの行動を起こし、少しでも自分に自信を持つことが勇気につながるはずです。

  • 【3】クラスや職場が同じなど、共通の知り合いが多いから

    「断られたらその後の人間関係が厳しくなる」(20代女性)など、共通の知人が多い相手に対しては、無防備なアプローチができないのは当然といえます。性急に近づくことはせず、まずは友達(同僚)という関係性のなかで信頼を深めていくのが得策かもしれません。

  • 【4】相手の恋人の有無が確認できていないから

    「聞けるほど親しくない」(20代女性)など、恋人の有無を確認できないような距離感は恋愛以前の問題です。まずは普通の世間話ができる程度に親しくなり、相手をよく知ることが先決でしょう。日常会話のなかでさり気なく聞き出すこともできるはずです。

  • 【5】相手と年齢が離れすぎていて、不安になるから

    「そもそも恋愛対象外な気がする」(20代女性)など、年齢差が大きく一般的な恋愛対象に入らないような男性が相手の場合は、男性側が勝手に若い女性に気を使って「対象外」にしているケースも多いもの。勇気を持って好意を伝えれば、チャンスは多そうです。

  • 【6】自分からアプローチした経験がなく、方法がわからないから

    「何をどうすればいいのやら」(20代女性)。女性からのアプローチは、男性のそれほど明確なものでなくても大丈夫です。頻繁に話しかける、さりげなく連絡先を尋ねるなど、親しくなる「きっかけを作る」ことを意識すれば十分といえます。

  • 【7】他の女性と楽しげに接しているのを見てしまったから

    「あー、無理だこれ」(20代女性)など、気になる相手が別の女性と親しくしている様子を見て、戦う前に心が折れてしまう女性もいるようです。しかし、他人の気持ちは外側からはわかりません。自分も相手と楽しく会話できることを目指して、一声かけてみるべきでしょう。

  • 【8】もう少し今の関係のまま仲良くなりたいから

    「今の状態を壊したくない」(20代女性)など、居心地のいい友人関係をキープしていたいという意見も少なくありません。しかし、親しい友人関係が長く続きすぎると、恋愛への発展が難しくなる傾向もあります。二人きりの食事に誘うなど、関係を進める勇気も必要といえます。

  • 【9】一緒にいても連絡先を聞かれないなど、相手が興味無さげだから

    「向こうは明らかにその気がない」(10代女性)など、男性の無関心さに挫ける女性もいます。しかし、恋愛経験が少ない男性の場合は、単にアプローチの方法を知らない可能性もあります。連絡先を聞かれないなら自分から聞くなど、逆にリードする心意気で接してもいいでしょう。

ほかにも、「気になる男性へアプローチするのを躊躇してしまう理由」があれば教えてください。ご意見をお待ちしております。(呉 琢磨)
Photo:All images by iStock