コンプレックスが強そう…男性を身構えさせてしまう言動9パターン


女性からコンプレックスの裏返しと思われる言動が垣間見えると、男性が「ちょっとめんどくさい人かも」と警戒してしまうこともあるようです。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートをもとに「『この子、実はコンプレックス強そうだな』と男性が身構えてしまう言動」をご紹介します。

  • 【1】明るいトーンで自分の不幸自慢を繰り返す

    「ネタっぽく話しているんだけど、妙に重い」(20代男性)など、不幸自慢はどんな形であれダメな自分、かわいそうな自分にとらわれている印象を与えやすいようです。あまり自分から会話のネタとして持ち出さないほうがよさそうです。

  • 【2】自分が自信のあることについてやたらアピールする

    「劣等感を隠そうとしているのかと思う」(10代男性)など、自己主張の強い女性に対して、男性は発言の裏を勘ぐってしまうようです。純粋に自分を認めてもらいたいという気持ちがあったとしても、押しつけになってしまうと引かれてしまうでしょう。

  • 【3】何を言っても反論せずにうなずいている

    「消極的でどこか負のオーラを感じる」(30代男性)など、自己主張が弱すぎても男性に不審がられてしまうことがあるようです。特に自分の性格や考えに関して何か指摘されたときには、きちんと気持ちを表現すべきなのかもしれません。

  • 【4】おもしろいことがあるわけでもないのにヘラヘラしている

    「すべてをなんとなくやり過ごそうとする感じが怖い」(20代男性)など、薄笑いが絶えない女性は、心の奥が見えにくい印象を与えてしまうようです。不気味さを感じさせないためには、あいづちのバリエーションを意識するなど、会話を単調にしないことも大切でしょう。

  • 【5】外見をやたら気にして、いつも髪や服をいじっている

    「中身に自信がないのかと思う」(30代男性)など、外見にとらわれ過ぎている女性ほど、外見以外の部分に注目されてしまうようです。身だしなみはお手洗いで整えるなど、人の見ていないところでさりげなくチェックするくらいがよさそうです。

  • 【6】少しでも褒めると全力で謙遜してしまう

    「必死で否定するほど意地を張るのもどうかと思う」(20代男性)など、過剰に謙遜するほど、「そんなに自分に自信がないのか!?」と疑われるようです。男性からの褒め言葉は軽く笑顔で受け流すくらいの余裕が欲しいところです。

  • 【7】すぐに他人のダメなところを指摘する

    「人を攻撃することで自分を守っているのでは?」(30代男性)など、他人にダメ出しばかりする女性は、たとえ指摘が正しくても、その姿勢に引っかかってしまうという男性もいるようです。逆に他人からの指摘に対して猛反発するような態度も、同様のコンプレックスを感じさせる恐れがあるでしょう。

  • 【8】初対面の人に対して、妙に事務的な口調で話す

    「自分を見せることに抵抗がありそう」(20代男性)など、感情が伝わらない話し方に違和感を覚える男性もいるようです。人見知りで尻込みしてしまうという人も、できるだけ笑顔を忘れないようにすれば相手の印象が変わってくるのではないでしょうか。

  • 【9】「海外では」などとすぐに権威や他人の評価を持ち出す

    「なんか自分がなさそう」(30代男性)など、他人の受け売りばかりだと、自分に自信がないと思われてしまうようです。自分の力で考え、感じたことを飾らない言葉で素直に語るほうが、どんな意見であれ好意的に受け止めてもらえるのではないでしょうか。

ほかにも「『この子、実はコンプレックス強そうだな』と男性が身構えてしまう言動」はあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock