女性の前だと緊張しがちな男性も、自然にリラックスしてしまう言葉9パターン


女性に苦手意識を持っている男性と打ち解けるには、女性が会話をリードすることも必要なようです。しかし、一体どのように話しかければいいのでしょうか。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートをもとに「女性の前だと緊張しがちな男性も、自然にリラックスしてしまう言葉」をご紹介します。

  • 【1】「なんか緊張するね?」と、気まずくなりそうになったら笑いかける

    「ちょっとホッとします」(20代男性)など、あえて緊張そのものを話題にすることで、空気の重さを気にする男性が安心することもあるようです。緊張感をないものとするほうが、逆に男性を追いつめてしまうこともあるのかもしれません。

  • 【2】「音楽が好きって、どんなの聞くの?」と、男性が饒舌に語れる趣味について掘り下げる

    「聞いてもらえるなら、いくらでも話しますよ」(30代男性)など、遠慮がちな男性でも、趣味のことならおしゃべりになる場合があるようです。「音楽あんまり聴かないから…」と、趣味の話を振ってなお反応が悪いときも、あまり気にせず他の趣味について聞いてみましょう。

  • 【3】「緊張しなくてもいいよー」と、あえてストレートにつっこむ

    「言い訳しやすくなるかも」(10代男性)など、直球コメントを投げかけると、緊張しやすい性格を打ち明けやすく感じるという男性もいるようです。そこで「なぜ緊張してしまうのか」とさらにつっこんだ質問をしてみても、意外と盛り上がるかもしれません。

  • 【4】「へぇー!」と、どんな話でもオーバー気味にあいづちを打つ

    「のせられると話せそう」(20代男性)など、女性のオーバーリアクションによって、気分が良くなって話を続ける男性もいるようです。ただし、あいづちだけだと嘘くさく見えることもあるので、適度に自分の意見や体験談もはさみたいところです。

  • 【5】「私、男性と上手に話せなくて」と、共感を示す

    「気持ちがわかってもらえると安心する」(20代男性)など、女性から共感を示されると心が軽くなるという男性は多いようです。ただし、あまり沈黙が続くとやはり気まずくなるので、とりあえず自分の日常や趣味について自ら話すなどしてみましょう。

  • 【6】「最近、何か映画観た?」と、答えやすそうな質問を投げかける

    「世間話から共通点が見つかるといいな」(20代男性)など、当たり障りのない質問なら、緊張しがちな男性も会話のプレッシャーを感じなくて済むようです。盛り上がる話題を探るには、住んでいるエリアや子供のころの思い出など、いくつか質問のパターンがあるといいかもしれません。

  • 【7】「ねえ、悩みとかってないの?」と、ややお姉さん目線で聞き出す

    「リードしてもらえるとうれしい」(10代男性)など、トークに自信のない男性のなかには、グイグイくる女性を歓迎する人もいるようです。男性の話に対して遠慮なく意見するのはアリかもしれませんが、あまり否定しないよう注意しましょう。

  • 【8】「○○くんって休日何してるの?」と、相手の名前を呼びかけつつ話す

    「存在を認められた気がするのかな」(30代男性)など、名前を呼びかけられることで自信を持てる男性もいるようです。他の人が呼んでいるあだ名を使ってみたりすると、さらに親近感を覚えてもらえるのではないでしょうか。

  • 【9】「最近料理にハマってて…」と、自分の近況を積極的に語る

    「おしゃべりな子のほうがいいかも」(20代男性)など、積極的に話をする女性が相手だと、口ベタな男性は「自分が話さなきゃ」というプレッシャーから解放されるようです。ただし、エチケットとして「自分ばかりしゃべってごめんね」と気遣う素振りは必要かもしれません。

ほかにも「女性の前だと緊張しがちな男性も、自然にリラックスしてしまう言葉」はあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock