男性が「好きになっちゃうかも!」とキュンとする女友だちからの「あけおめLINE」9パターン


新しい年の幕開けとともに届く「あけおめLINE」を、楽しみにしている人も多いでしょう。単なる友だちだとわかっていても、内容によってはときめいてしまう男性もいるようです。そこで『スゴレン』読者へのアンケートをもとに、「異性」を意識してしまう女友だちからの「あけおめLINE」を探ってみました。

  • 【1】「去年はいろいろありがとう」など感謝の言葉が添えられているLINE

    「今年もまた会いたいな、と思ってしまいます」(20代男性)と、「ありがとう」という言葉に反応をしてしまう男性も多いようです。感謝されていることがわかると「もっと喜んでほしい」と思うのが人間の性。具体的になにが嬉しかったか添えると、より気持ちが伝わるでしょう。

  • 【2】自分の好きなキャラやアーティストをあしらってくれたLINE

    「俺の好みを知ってくれてるんだな、と嬉しくなる」(20代男性)というように、相手にあわせたLINEを送るのも高ポイントになるようです。事前にリサーチをして彼の趣味について深く知っておくと、話も弾んで一石二鳥といえるでしょう。

  • 【3】「○○くんの夢が叶うといいね!」と自分を応援してくれるLINE

    「新年早々応援してもらえると、気持ちが晴れやかになりますね」(20代男性)と、力づけられる内容のLINEは男性から好評のようです。年明けに男友だちと会う際には、積極的に励ましの言葉をかけてあげるといいかもしれません。

  • 【4】いつもはグループLINEなのに、この日だけは個人的に届いたメッセージ

    「グループLINEじゃなくて個人あてだと、特別感を感じる」(10代男性)など、個別に書かれたメッセージには「ほかの男友だちとは違う存在なのかも」とドキドキする男性も多いようです。逆に勘違いされては困る相手には、グループLINEで送るのもひとつのテです。

  • 【5】「近いうちにゴハン行こう」など、デートに誘う内容のLINE

    「社交辞令でも、食事などの誘いにはドキッとしてしまいます」(20代男性)と、さわやかな誘い文句を添えるのも効果的なようです。いきなりお誘いから入ると警戒される可能性もあるので、最後に「PS」的に添えるといいかもしれません。

  • 【6】「○○くんにとって素敵な一年になりますように」と自分の幸せを願うLINE

    「一瞬、俺のことが好きなのかなと思っちゃう」(10代男性)と、幸せな一年を願われることで、その女性のことが気になりはじめるという声も多く寄せられました。「志望大学に行けるといいね」など、その人にあわせた具体的な内容にすると、さらに効果的でしょう。

  • 【7】かわいく撮れた本人の写真が添付されているLINE

    「よく知っているはずのコでもドキッとする」(20代男性)と、写りのいい写真には女性の魅力を再発見させる威力があるようです。「かわいい自分を俺にアピールしたいのかな」と男性を勘ぐらせる効果もあるので、気になる人にだけ試してみるといいかもしれません。

  • 【8】全然連絡をとっていなかった人からの「今年は久しぶりに会いたい」というLINE

    「意外なコからLINEがくると、いろいろ考えちゃいます」(30代男性)と、疎遠になっている人から届いた不意打ちLINEも効果的なようです。再び連絡をとりたい男友だちがいるなら、新年を節目に連絡してみるといいでしょう。

  • 【9】「今年もいっぱいイイ思い出を作ろうね」という意味深なLINE

    「恋人からくるような文面のLINEがくると、妄想がふくらんじゃう」(20代男性)と、「二人で一緒に」という含みのある文面も男ゴコロを刺激するようです。新年にこそ、少々思わせぶりに攻めてみるのもいいかもしれません。

男性の心をキュンとさせる女性の友人からの「あけおめLINE」には、ほかにどんなものがあるでしょうか。皆さんの意見や経験談をお待ちしています。(佐野勝大)
Photo:All images by iStock