「私、根っからの恋愛体質かも…」と不安になる瞬間9パターン


「いつも恋していたい」という気持ちは素敵ですが、恋人を切らさないことが目的になってしまっては本末転倒。また、彼氏と別れたとたん抜け殻のようになり、日常生活に支障が出るほどの恋愛依存体質も考えものです。そこで今回は、『オトメスゴレン』の女性読者のみなさんに、「『私、根っからの恋愛体質かも…』と不安になる瞬間」を教えていただきました。

  • 【1】寂しさに耐えられず、適当にいろんな男性に会っているとき

    「結局、心の隙間は埋まらないんだけどね」(20代女性)というように、孤独を紛らわすためだけに好きでもない男性と遊び、後悔している女性もいます。適当な相手と付き合って時間をムダにしている間に、心の底から愛せる男性との出会いを逃してしまわないようにしましょう。

  • 【2】彼にフラれそうと感じた時点から、ほかの男性を物色しているとき

    「フラれることより一人になるのが嫌」(20代女性)というように、本命と付き合っているときから、次の彼氏候補を探してしまう「ひとりぼっち恐怖症」の女性も。本当は別れずに済むのに、男性が女性の怪しい動きを察知して関係が壊れる可能性もあります。

  • 【3】恋愛していないと、仕事や勉強にやる気がわかないとき

    「彼氏がいないとダメ人間になっちゃう」(10代女性)というように、恋をしていないと無気力になってしまう女性は少なくないようです。生気のない姿では新しい恋も逃げるので、恋愛とのバランスをとるためにも、夢中になって打ち込める何かを探しておくといいでしょう。

  • 【4】好きな人がいないと、綺麗な身だしなみを維持出来ないと分かったとき

    「化粧がメンドい」(20代女性)というように、見た目に気を使わなくなる女性もいるようです。彼氏がいないときも、合コンなど男性がいる場所につねに足を運ぶようにすれば、美意識を保ち続けられるかもしれません。

  • 【5】別れたその日から、ほかの男性にメールをしはじめたとき

    「前の男は何だったんだろ…とふと思う」(10代女性)というように、ただ単に男が切れるのが嫌なだけな自分に気づき、自己嫌悪に陥る女性もいます。他の男性にアプローチする前に、「なぜ別れることになったのか」を反省したほうが、実のある恋愛につながりそうです。

  • 【6】誰かに愛されていないと自分への自信を全て失ってしまうと知ったとき

    「だから手当たり次第に男を漁ってしまう」(20代女性)というように、自身の存在価値を見出すために、恋愛に依存していると自己分析する女性もいます。好きなことに打ち込んだり、自分で自分を褒めるクセをつければ、恋人がいないときも劣等感を抱かずにすむかもしれません。

  • 【7】物心ついたころから、好きな人がいない時期がないと気づいたとき

    「恋愛をしていない自分が考えられない」(20代女性)というように、つねに恋をしているという女性もいます。単に惚れっぽいのではなく、一人ひとり本気で好きになっているのであれば自分磨きにも力が入るでしょうし、そのまま変わる必要はないでしょう。

  • 【8】とても悲惨な別れを経験してすぐに「また恋がしたい」と思ったとき

    「あれだけ泣いたのに…自分でも不思議」(20代女性)というように、ヒドイ目にあわされても懲りない自分に驚いたという女性もいます。ただし、同じ過ちを繰り返さぬよう、相手をじっくり見極める時間をつくったほうがいいかもしれません。

  • 【9】いつも、数人の男性をキープしないと気がすまないとき

    「途切れないように、保険をかけておきたいの!」(20代女性)というように、常に彼氏持ちでいられるようスペアの男性をつくってしまうという女性も。妥協して2番手3番手と付き合い悶々とするよりは、本命に全力を尽くしたほうが後悔のない人生を歩めそうです。

ほかにはどんなときに、「『私、根っからの恋愛体質かも…』と不安になる」のでしょうか。ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock