友達同士のクリスマスパーティで男子にドン引きされる「失敗女子」9パターン


クリスマスに友達同士のホームパーティにお呼ばれされることがあります。しかし、楽しむつもりで出かけたのに空回りしてしまい、帰り道は「大反省」なんてこともあるのではないでしょうか。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートを参考に「友達同士のクリスマスパーティで男子にドン引きされる『失敗女子』」をご紹介します。

  • 【1】張り切り過ぎたコスプレで現れる

    「キャバクラかと思うようなミニスカサンタのコスプレには驚いた(苦笑)」(20代男性)など、まわりのテンションとあまりに違うファッションで出かけると、クリスマスとはいえ引かれてしまうこともあるようです。他の参加者はどんな格好をしていくのか、事前に確認するようにしましょう。

  • 【2】彼氏がいないことをボヤき続ける

    「せっかくのパーティなのに、楽しめなくなる」(20代男性)など、彼氏がいないことを嘆くと「仕方がないからパーティに来ている」と言っているように思われてしまうようです。自虐ネタなら何度もしつこく言うのはやめ、笑える範囲に収めましょう。

  • 【3】酔っ払って友達に絡み始める

    「絡み酒は面倒! 酔うのが目的の集まりじゃないんだから…」(20代男性)など、酔ってまわりに迷惑をかけると、他の人の楽しみを邪魔する結果になりそうです。「飲み足りない」程度で止めておくのが、大人の飲み方ではないでしょうか。

  • 【4】合コンのように男子を狩るつもりでいる

    「次々と男子に声をかけてる女子がいてドン引き」(20代男性)など、出会い目的のパーティではないのに合コンのような振る舞いをすると、ギョッとする男性がいてもおかしくありません。自分の評価を下げることにもなるので、誤解のないよう慎重に行動しましょう。

  • 【5】去年の楽しかったクリスマスのことを語る

    「今年のクリスマスは楽しくないの!? ってちょっとショック」(20代男性)など、いくらステキなクリスマスの思い出だとしても、パーティで語るべきことではないかもしれません。特に、別のクリスマスパーティと比べるかのような発言には注意しましょう。

  • 【6】不適切なきわどい下ネタを言う

    「ホームパーティだと子どもがいることもあるし、品性を疑う」(20代男性)など、場にそぐわない下ネタ発言をすると、知らないうちに眉をひそめられているかもしれません。初対面の人が多いなら、下ネタは封印したほうが安全でしょう。

  • 【7】他人の家で早々に寝てしまう

    「酔ったなら帰ればいいのに…」(20代男性)など、他人の家で眠り込んでしまうと、自由すぎる振る舞いに呆れられてしまうかもしれません。「お酒を飲むとすぐ眠くなる」という自覚のある人は、乾杯の一杯だけでお酒は止めるなど、予防策を講じましょう。

  • 【8】お客様気分で何の手伝いもしない

    「お店じゃないんだから、呼ばれた立場でも手伝うのが当たり前」(20代男性)など、いくら「お呼ばれ」だからといって、まわりの気づかいに甘えていると、後ろ指を指されてしまうかもしれません。「気配り上手」をアピールするチャンスでもあるので、積極的に手伝いを申し出ましょう。

  • 【9】出てきたお酒や料理に文句を言う

    「自分で何もしない人に限ってそういうこと言うからなぁ(苦笑)」(20代男性)など、持ち寄り制になることが多いホームパーティで不満を口にすると、場の空気を悪くしてしまいそうです。「お酒が足りない」などであれば、文句をいうより先に進んで買い出しに行きましょう。

ほかにも「クリスマスパーティでのこんな態度に男子がドン引きする」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(小倉志郎)
Photo:All images by iStock