少しマンネリ気味の彼女に再びときめきを感じた瞬間9パターン


交際期間が長いと、どうしてもお互いにマンネリ化しがちです。では、どうすれば倦怠ムードを打破して、再び付き合い始めた頃の新鮮な気持ちを取り戻せるのでしょうか。そこで『スゴレン』男性読者へのアンケートを参考に「少しマンネリ気味になっていた彼女に対し、再びときめきを感じた瞬間9パターン」を紹介します。

  • 【1】自分の誕生日などに、サプライズをしてくれたとき

    「去年と同じパターンで、サラッとお祝いされると思っていたので、すごく嬉しかった」(20代男性)のように、長く付き合っているとおろそかになりがちな記念日を彼女から祝われると、男性の喜びは倍増するようです。サプライズほどでなくとも、食事などに誘うだけでもいいかもしれません。

  • 【2】長かった髪を切るなど彼女が大幅なイメチェンをしたとき

    「雰囲気が変わり、改めてかわいいと思った」(10代男性)と、見た目の印象を変えることも、マンネリ化対策には効果的のようです。ただ、彼が気に入っているヘアスタイルを変えると逆効果になることもあるので、注意しましょう。

  • 【3】普段は受け身な姿勢の彼女から珍しくデートの誘いがあったとき

    「彼女がまだ自分を好きでいてくれていると感じた」(20代男性)のように、自分から滅多にデートを申し出ない彼女からのお誘いは、彼のハートを揺さぶるようです。彼の好物メニューがおいしいと評判の店などを予約しておけば、彼に一層喜んでもらえるかもしれません。

  • 【4】特に記念日でもないのに、欲しかったものをプレゼントしてくれたとき

    「欲しいものを知ってくれていたのがうれしい」(20代男性)など、彼女が自分をきちんと見てくれていたと感じて、彼女への思いを新たにする男性もいるようです。日頃から、彼の欲しがっているものをさりげなくリサーチしてはいかがでしょうか。

  • 【5】仕事や趣味に打ち込んでいる様子など、二人でいるときはあまり目にしない彼女の姿を見たとき

    「意外な一面を見て、より彼女のことを知りたくなった」(20代男性)のように、今まで見たことのない彼女の姿に改めてグッとくる男性は多いようです。今までは1人で楽しんでいた趣味に、彼を誘ってはいかがでしょうか。

  • 【6】いつもはメールばかりの彼女から、突然電話をもらったとき

    「自分の声を聞きたいのかなと感じる」(20代男性)と、突然の電話に彼女からの愛を感じる男性もいるようです。単に要件を伝える事務的な内容ではなく、「なんとなく話したくて」などと、少し甘えてみるのもアリかもしれません。

  • 【7】自分の好みをバッチリ押さえた手料理をふるまってくれたとき

    「好きな味付けがわかってることにびっくり!」(20代男性)と、付き合い始めたころだけでなく、マンネリ気味のときにも手料理はキラーアイテムになるようです。「この料理、絶対好きだと思って」など好みへの理解を示しつつ、今まで彼に作ってあげたことのないようなメニューを出すのもいいでしょう。

  • 【8】仕事や友人関係など、二人には直接関わりのない悩み事を相談してくれたとき

    「頼りにされていると感じる」(20代男性)など、悩み相談は彼の「男としてのプライド」をくすぐることができるようです。相談の際、「大好きなあなただから話せる」ということを醸しだすと、より効果的かもしれません。

  • 【9】お互い愛の言葉を交わさなくなって久しい中、彼女に「好き」と言われたとき

    「飽きられていると思っていたから、安心した」(20代男性)のように、彼女からの愛の言葉に、自分の気持ちを再認識する男性もいるようです。「いまさら照れくさい」と思いがちですが、相手の気持ちを確認する意味でも、思い切って言ってみてはいかがでしょうか。

彼とのマンネリ気味な雰囲気を打破する一言は、他にどんなものがあるでしょうか。ご意見をお待ちしております。(鼠入昌史/Office Ti+)
Photo:All images by iStock