「恋愛経験豊富な女性なんだな…」とデート中、男性が落ち込んでしまう瞬間9パターン


たくさんの恋愛をしてきた女性を前にすると、「過去の彼氏と比較されそう」と尻込みする男性もいるようです。では、女性のどんな振る舞いが男性に「恋愛経験が多い女性」と感じさせるのでしょうか。今回は「『恋愛経験豊富な女性なんだな…』とデート中、男性が落ち込んでしまう瞬間9パターン」を紹介します。

  • 【1】過去の恋愛話が豊富に出てくる

    「男の名前が出てくるだけで落ち込む」(30代男性)など、多くの男性にとって好きな女性の過去の恋愛は、聞きたくない話のようです。デートスポットに関する話でも、誤解を招くおそれがあるので、できるだけ「別の男」の存在を想起させる発言はしないよう注意しましょう。

  • 【2】デートでしか訪れないような高級店での振る舞いが慣れている

    「頻繁に連れてきてもらってたと勘ぐる」(20代男性)と、高級店のマナーに慣れていると、男性は「恋愛経験が多い女性」だと誤解してしまうようです。お店で男性の行動が頼りなくても、じっとこらえて相手のリードに任せてみてはいかがでしょうか。

  • 【3】高価なものをプレゼントしても、いまいちリアクションが薄い

    「よくもらうんだなと思う」(20代男性)など、プレゼントに喜んだ様子がないと、過去の彼氏と比較されているように感じ、傷つく男性もいます。たとえ好みではないものをもらった場合でも、男性の気持ちに感謝し笑顔でお礼を言うよう心がけましょう。

  • 【4】まだ関係が浅いときから、手をつないだり腕を絡めるなど、男性に対して積極的

    「男慣れしている感じが嫌」(20代男性)など、付き合い始めたばかりなのに女性が積極的だと、引いてしまう男性もいるようです。いきなり行動に出るのではなく、「手、つなぎたいな…」とかわいく甘え、相手から行動させるように仕向けてみてはいかがでしょうか。

  • 【5】買い物中、当たり前のように荷物を持たせようとする

    「これまでも持ってもらってたんだなと思う」(30代男性)と、ショッピング中の振る舞いから、豊富な恋愛経験を感じ取る男性もいるようです。自分から頼むことは慎み、男性が持ってくれた場合も「重くてごめんね」など、労わる姿勢を見せてはどうでしょうか。

  • 【6】ドキドキしている自分を見て、「初々しくて良いね」と言う

    「緊張している自分がバカみたい」(10代男性)と、経験の少ない男性にとっては、見下された印象を与えてしまうようです。男性が緊張している様子なら、場を和ませるために、くだらない冗談などを言ってみるといいかもしれません。

  • 【7】夜景の見えるスポットで、「あっちの方がもっと良く見えるよ」とリードされる

    「なんで知ってるの?」(30代男性)のように、何度も来たことがあると思わせる発言は、過去の恋愛を想起させてしまいがちです。男性をリードしたいときは、「あっちに行ってみない?」と、今思いついた風に提案するなど、“さりげなさ”を意識してみましょう。

  • 【8】別れた直後、こちらを一切振り返らずにさっさと帰ってしまう

    「名残惜しいのは自分だけ?」(20代男性)と、別れ際のアッサリした態度は、デート慣れしている印象を与えてしまうようです。終電ギリギリなどで、ゆっくり別れを惜しむ時間がない場合は、すぐにメールを送って寂しさを伝えてみてはいかがでしょうか。

  • 【9】帰宅中、テンプレート的なお礼メールが届く

    「『ごちそうさま』だけだとガッカリ」(30代男性)と、定型文のようなメールは、感情がこもっていないと男性に思われがちです。デートで楽しかったことや、次に行きたい場所など具体的な話題を盛り込んだお礼メールを送れば、気持ちを伝えやすいかもしれません。

「恋愛経験豊富なのかも…」と男性に思われないようにするには、ほかにどんなことに気をつければよいでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしています。(大久保春日/Office Ti+)
Photo:All images by iStock