長年の片想いを断ち切る方法9パターン


長年の片想いは、思いが強いぶんあきらめるのが難しいもの。次への一歩が踏み出せず、途方に暮れている人もいるのではないでしょうか。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートを参考に「長年の片想いを断ち切る方法」をご紹介します。

  • 【1】片想いの相手と会う機会を意識的に減らす

    「会うたびに想いが募るから、会う回数を減らすこと」(20代女性)など、意識して片想いの相手と会わないようにすることで、恋する気持ちを鎮められるかもしれません。自分から連絡しないだけで、ずいぶん効果があるのではないでしょうか。

  • 【2】新しい恋を探す努力をする

    「恋心を忘れる特効薬は、やっぱり別の恋しかない!」(20代女性)など、新しい恋をすることで、かつての想いが色褪せることもあるようです。「どうせ他の人のことは好きになれない」などと後ろ向きな考え方をせず、まずは合コンや飲み会に参加しましょう。

  • 【3】相手のことを思う隙がないほど仕事や趣味に没頭する

    「恋愛以外のことで頭をいっぱいにすればいいと思う」(20代女性)など、仕事や趣味に夢中になることで、相手のことを考える時間が少しは減るかもしれません。「恋する気持ちでいっぱいいっぱい」の状態から脱し、少し冷静になってはいかがでしょうか。

  • 【4】男性に限らず人との出会いを増やして視野を広げる

    「色んな人の意見を聞くだけでもいい薬になる」(20代女性)など、苦しい片想い中は自分の殻に閉じこもりがち。違う意見の人から話を聞くだけで、「世の中にはもっといい男がいる」など新たな発見がありそうです。できるだけ辛口な相手を選ぶといいでしょう。

  • 【5】一度しっかり思いを伝えてきちんとふられる

    「本当に断ち切る気があるなら、告白してふられるのが一番」(20代女性)など、ズルズルと未練を持ち続けないようにするには、相手の口から「ムリ」と言われて傷つく必要があるようです。たとえふられても、思いを伝えたことで、後から振り返ればすっきりした気持ちになるでしょう。

  • 【6】相手との思い出につながるようなものをすべて捨てる

    「目につくところに相手の痕跡があると思い出しちゃうからダメ」(20代女性)など、思い出の品を処分することで、片想いの相手を思い出すきっかけが減らせるようです。捨てるのが難しければ、目につかない場所にまとめてしまいましょう。

  • 【7】引っ越しや転職をして、心機一転新しい生活をはじめる

    「生活が変わると気持ちも一新される」(20代女性)など、新しい場所に引っ越すことで、気持ちに多少踏ん切りがつくこともあるようです。引っ越しにともなって思い出の物を捨てたり、思い出の場所から離れたりすれば、自然と片思いの相手への気持ちも薄らぐかもしれません。

  • 【8】自分の連絡先を変えて、相手の連絡先も消す

    「連絡がとれなければ諦めがつきそう」(20代女性)など、多少荒技ではありますが、二度と連絡することができない状態を無理矢理作ることで「会えない相手なのだ」という意識を植え付けることができそうです。勇気を出して相手の連絡先を消し、自分から連絡できない状態を作ってはいかがでしょうか。

  • 【9】相手の悪い部分を書き出して冷静に事実と向き合う

    「いいところばかり美化してる可能性があるから、意外と効果アリ!」(20代女性)など、好きな相手の悪い部分を冷静に見つめることで、「なんだ、この程度の男か」と感じられるかもしれません。いい部分と悪い部分を書き出して、比べてみてもいいでしょう。

ほかにも「長年の片想いを断ち切るにはこんな方法がある」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(小倉志郎)
Photo:All images by iStock