冷たくなってしまった男性の心に再び火をつける一言9パターン


クーポンマガジン「ホットペッパー」の連載企画『ひみつの女子会』が約500名の男性に行ったアンケートによると、約半数が「彼女に別れを告げた経験がある」と答えました。別れの理由で目立つのは「冷めた」というもの。どうしたら、冷たくなった男性の愛をよみがえらせることができるのでしょうか。そこで今回は、男性の生の声を参考に「冷たくなってしまった男性の心に再び火をつける一言」をご紹介します。

  • 【1】「もう、私のこと好きじゃなくなったのかな…」などと不安そうに訴える

    「キュンとしました」(20代男性)というように、彼女の悲しげな表情と言葉に胸を打たれ、気持ちが再び高まったという男性もいます。ただし、あまりに感情的すぎると面倒に思われる恐れがあるので、男性を責めるような言い方は控えましょう。

  • 【2】「私は○○君とずっと一緒にいたいんだよ!」などと心の叫びをぶつける

    「本気で愛されていると気づいた」(20代男性)というように、彼女の本心を知り、再び気持ちに火がついた男性も。普段あまり愛情表現をしない女性の叫びであれば、より胸に刺さりそうです。

  • 【3】「最近ちょっと寂しいけど…我慢するね」などとつぶやく

    「すごく健気に感じた」(20代男性)というように、「会いたい」という気持ちを抑えている彼女の姿を見て、心を打たれたという男性もいるようです。「どうして会ってくれないの?」などと迫ってばかりの人は、「待つ女」を演じてみるのもいいかもしれません。

  • 【4】「付き合って○年だね」などと言って、付き合い始めたころの話を振ってみる

    「今さらほかの女は考えられないと思った」(30代男性)というように、彼女の言葉で、出会ったころのときめきを思い出したという男性もいます。思い出すエピソードがたくさんあるほうがいいので、付き合いが長いほど有効なセリフと言えそうです。

  • 【5】「最近、忙しそうだね」などと言って、男性の肩をもんであげる

    「ちゃんとわかってくれていると思いました」(20代男性)というように、彼女の相手をしてあげられていないのに、それでも自分を気遣ってくれるやさしさに感動したという男性もいます。仕事で多忙な彼氏には、ねぎらいの一言が利くのかもしれません。

  • 【6】「温泉に行って、のんびりしない?」などと言って、いつもと違うデートを提案する

    「彼女の新しい一面を見ることができた」(20代男性)というように、彼女からの旅行の提案がきっかけで、マンネリを脱却できたカップルもいるようです。普段とは違う体験を共有することで、付き合いたてのような新鮮な気持ちになれるのかもしれません。

  • 【7】「毎日電話するのも大変じゃない?」などと言って、さりげなく距離を置く

    「気持ちが離れていくのが怖かった」(20代男性)というように、彼女の少し冷めた言葉に焦り、追いかけたくなったという男性もいます。自分からばかり連絡しているという人は、勇気を出して、やんわりと彼氏を突き離してみるのもいいかもしれません。

  • 【8】「実は職場の人に告白されたの」などと言って、ほかの男性の存在をほのめかす

    「他の男にとられるのは許せないと思い…」(20代男性)というように、自分に恋敵がいると知って燃えたという男性もいます。愛の言葉やスキンシップが減ってきたときにはライバルの存在をチラつかせてみるのもいいでしょう。

  • 【9】「別れる…?」などと言って、一か八かの駆け引きをする

    「離れたくないと思った」(30代男性)というように、別れを切りだされたことで改めて、自分の中の愛に気づいた男性も。本当に別れるリスクはありますが、冷たい彼氏に耐えられないというときは、思い切って告げてみるといいかもしれません。

ほかには、どんな言葉が「冷たくなってしまった男性の心に再び火をつける」のでしょうか。ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock