男女関係のゴタゴタを回避するためにfacebookで気をつけたいこと9パターン


SNSに参加する人が増えるにつれて、ネットで花咲く恋も増えています。一方で、SNSが原因で起こる恋愛トラブルも増加中。そんな面倒に巻き込まれないためには、一体どうすればいいのでしょうか。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートを参考に「男女関係のゴタゴタを回避するためにSNSで気をつけたいこと」をご紹介します。

  • 【1】そもそも知らない異性からの絡みは無視する

    「SNSだけで人柄を判断するのは難しい」(20代女性)など、用心深い人はリアルでの知り合い以外との交流を避けているようです。たしかに、その人の人となりをSNSだけでうかがい知るのは難しいもの。危険回避のためにも、知らない異性からの誘いは慎重に判断しましょう。

  • 【2】彼女がいる男性に親しげなコメントを寄せない

    「SNSはみんなに見えるもの。『交際中』なら極力絡まない」(20代女性)など、恋人から嫉妬されないために、彼女がいる男性との関わりを避ける女性もいるようです。何がきっかけで恨まれるかわかりません。みんなの目に触れるコメントには、特に気を使いましょう。

  • 【3】電話番号や住所等個人情報を教えない

    「SNSとリアルはきっちり分ける」(20代女性)など、SNSでの交流を楽しみつつも、リアルとの線引きをする女性もいるようです。親しくなると「会おう」という話になりますが、個人情報を教えるのはかなりリスキー。軽々しい行動は慎みましょう。

  • 【4】男性へのメッセージにハートマークを使わない

    「メールと一緒。思わせぶりな行動は厳禁!」(20代女性)など、親しく交流していても、好意を匂わせるような行動には注意が必要だと言えそうです。「気持ちをもてあそばれた!」と言われることのないよう、節度あるメッセージを送りましょう。

  • 【5】男友達と撮った写真は公開を制限する

    「他人の誤解を招くような写真は要注意」(20代女性)など、たとえ男友達であっても、あまりに親しげな写真を全員に公開するとあらぬ誤解を受けそうです。彼氏がいる人は、嫉妬予防の意味も含めて、異性との写真を公開するときは範囲を限定しましょう。

  • 【6】彼氏がいるときは日記などで軽く触れておく

    「フリーっぽい言動をしてると変な男が来る」(20代女性)など、出会いに飢えた男性からの誘いを防ぐため、それとなく彼氏の存在を知らせる女性もいるようです。とはいえ、露骨にノロケると同性ウケが悪そうなので、たまに「デートした」と日記に書く程度がちょうどいいかもしれません。

  • 【7】元カレとはSNSでつながらない

    「携帯のメモリと一緒で、やっぱり嫌だろうし…」(20代女性)など、彼氏の心情を察して、元カレとの交流を自粛する女性もいるようです。すでにSNS上で友達になっている場合は構いませんが、新しくはじめたSNSでつながるのはご法度と心得ましょう。

  • 【8】嫉妬予防のため彼氏のページは極力見ない

    「見ると他愛のない内容でも気になる」(20代女性)など、浮気などの心配がなくても、彼氏のページに寄せられた女性からのコメントは気になるもの。進んで心をすり減らすようなものなので、頻繁にチェックしないほうがいいでしょう。

  • 【9】セクシーな写真をプロフィールに載せない

    「写真ってやっぱり重要みたい」(20代女性)という声もあり、あまりにかわいい写真やセクシーな写真を載せると、出会い目的で声をかけられることもあるようです。かわいい写真をアップしたい女心はわかりますが、プロフィール写真は無難なものを選んだほうがいいかもしれません。

ほかにも「facebookでの揉め事を避けるためにこんな行動を避けたほうがいい」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(小倉志郎)
Photo:All images by iStock