女性に作ってもらうと感動する「秋の手料理」9パターン


女性の手料理の中でも、上手に季節感を取り入れたメニューにグッとくる男性は多いものです。では、秋に男性が喜ぶメニューとは何でしょうか。今回は、「スゴレン」男性読者に聞いた「女性に作ってもらうと感動する『秋の手料理』9パターン」をご紹介します。

  • 【1】家庭的なイメージに直結する「秋刀魚の塩焼き」

    「秋らしい上、家庭の食卓っぽくて文句なし」(20代男性)など、炊き立てご飯やお味噌汁と相性抜群の焼き魚は、男性にとって“テッパン”のメニューと言えそうです。スダチと大根おろしを添えて出せば、細やかな気配りに「いいお嫁さん」を連想する男性も多いのではないでしょうか。

  • 【2】秋の情緒を満喫できる上、料理上級者にも見える「栗おこわ」

    「普通の炊き込みご飯なら自分でも作れるけど…」(30代男性)というように、もち米を使うおこわに、ワンランク上の料理スキルを連想する男性は多いようです。お目当ての男性を自宅へ招待できない場合は、おむすびにして差し入れをするなど、アレンジしやすいのもうれしい点です。

  • 【3】素朴な味わいに郷愁をそそられる「里芋の煮っ転がし」

    「実家を思い出しほっとする」(30代男性)というように、滋味あふれる里芋は、地元を離れて暮らす男性の心を和ませてくれるようです。比較的地味な料理だけに、普段は派手なタイプの女性が作ると、ギャップの大きさで、男性をドキッとさせられるかもしれません。

  • 【4】ボリューム感が嬉しい「キノコのパスタ」

    「どうせならガッツリ食べたい!」(10代男性)など、大食漢の男性には上品な和食より、食べ応えある洋食の方が喜ばれることもあります。「質より量」な印象になるのを避けたいなら、初物ワインのボジョレー・ヌーウ゛ォーを添え、テーブルを華やかに演出してはどうでしょうか。

  • 【5】秋の王様食材と新米で、正面から勝負した「松茸ごはん」

    「秋と言えばこれでしょう!」(20代男性)と、誰もが認める定番の秋メニューです。予算こそ少々かかりますが、炊き込みごはん自体の調理法はそれほど難しくないので、挑戦してはいかがでしょうか。土鍋で炊いてそのまま出せば、男性の感動も倍増するはずです。

  • 【6】甘党の男性にはたまらない「さつまいもや梨のスイーツ」

    「職場でもらって、相手を見る目が変わった」(30代男性)など、食事よりも気軽に食べてもらえる分“飛び道具”として使いやすいのが、スイーツの強みです。気になる男性が甘党なら、活用しない手はありません。秋らしいラッピングで手渡せば、より好印象を残せるでしょう。

  • 【7】季節の先取り感にセンスを感じる「鮭のバター鍋」

    「秋に鍋というのが洒落ている」(30代男性)など、一足早いセレクトに、心惹かれる男性もいます。完全な和食仕立てにせず、洋素材を加えたアレンジにするのが、「あえて秋に」という先取り鍋のコツかもしれません。ハロウィンにカボチャ鍋など、オリジナルメニューを考案すれば、印象に残るおうちデートになりそうです。

  • 【8】健康への配慮が身に沁みる「秋野菜の温サラダ」

    芋類やゴボウなど、秋野菜には下ごしらえが必要な根菜が多いもの。それだけに、「身体を気遣い手間ひまかけてくれる優しさがうれしい」(20代男性)という声もありました。メインにする場合は、お肉やマカロニを加えるなど、ボリュームアップの工夫をするとよいでしょう。

  • 【9】男のひとり暮らしだと食べる機会が少ない「柿やいちじくなどの果物」

    「女の子っぽくてカワイイなぁと思う」(20代男性)など、旬のフルーツから季節感と女性らしさを感じる男性は多いようです。秋料理のレパートリーがない人でも、食後に果物を出すだけで、食卓の印象が一気に変わるかもしれません。

男性が感動する「秋の手料理」には、他にどんなものがあるでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしています。(さのちあき/Office Ti+)
Photo:All images by iStock