彼氏が「自分たちの交際は順調」と実感する瞬間9パターン


付き合いたてのドキドキ感もステキですが、交際が安定してから感じる安らぎもかけがえのないものです。では、彼氏はどんなときに自分たちの交際を「順調だ」と感じるのでしょうか。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートを参考に「彼氏が『自分たちの交際は順調』と実感する瞬間」をご紹介します。

  • 【1】呼び方が「○○さん」からあだ名に変化したとき

    「ふたりでいるときだけの呼び名ができると、打ち解けた感じがする」(20代男性)など、呼び名が変化することで、自分たちの関係が落ち着いたと感じる男性が多いようです。お互いにあだ名を付け合うと、すぐに親密になれるかもしれません。

  • 【2】メールの返信が少しくらい遅くても不安を感じないとき

    「しばらく返信がないと不安だったけど、最近では動じない」(20代男性)など、お互いの生活リズムを知り、信頼感が増すことで、多少メールのレスが遅くても心配しなくなるケースが多いようです。とはいえ、あまりに返信を怠ると「冷めた?」と不安がらせてしまうので気をつけましょう。

  • 【3】手をつないだり、腕を組んだりするのが自然になったとき

    「自然に手をつないでると、なんかいいなと思う」(20代男性)など、自然にスキンシップが取れるようになったことを、好ましく思う男性もいるようです。とはいえ、マンネリ予防にはドキドキ感も有効。映画館など暗い場所で突然手を握ると、ちょっとドキドキさせられるでしょう。

  • 【4】お互いの友達への紹介が済んだとき

    「公認の仲になったって感じ」(20代男性)など、お互いの友達に「彼氏」「彼女」として紹介すると、ひとつ階段を登ったように感じる男性もいるようです。彼氏が友達を紹介してくれたら、お返しに自分の女友達も紹介してはいかがでしょうか。

  • 【5】自分の部屋に置かれた彼女の荷物が増えたとき

    「彼女が来るのが当たり前になったんだなと実感する」(20代男性)など、部屋に相手の荷物が増えることで、順調な交際を確認する男性もいるようです。とはいえ、荷物が増えることを嫌う男性もいるので、モノを置いていく際は一声かけましょう。

  • 【6】何回かカップル向けのイベントを一緒に過ごしたとき

    「クリスマス、バレンタインと経験すると、もう安心」(20代男性)など、イベントをいくつか一緒に過ごすと、時の経過を感じてホッとする男性もいるようです。誕生日や交際の記念日も面倒臭がらずに祝うと、安心感が増すのではないでしょうか。

  • 【7】彼女が手料理をご馳走してくれたとき

    「新婚さんみたいで照れくさいけど嬉しい(笑)」(20代男性)など、彼女の手料理を食べることで、新婚っぽさを楽しむ男性もいるようです。二人の将来をリアルに想像する男性もいるので、自分の部屋に招いた機会に手料理をふるまってあげるといいでしょう。

  • 【8】「ただ会うだけ」のデートを楽しめるようになったとき

    「DVD見るだけのデートとか、意外に好きかも」(20代男性)など、お家デートが増えると「安定したな」と感じる男性もいるようです。とはいえ、インドアデートばかりではマンネリに陥りやすいので、たまには王道のデートスポットにも出かけて新鮮味を維持しましょう。

  • 【9】共通の知り合いの結婚式に出席したとき

    「一緒に結婚式に呼ばれると、『次は…?』って考えるかも」(20代男性)など、共通の知り合いの結婚式に行くことで、自分たちの結婚を意識するケースです。「幸せそうだね」などと感想を言い合うと、より結婚ムードが高まるのではないでしょうか

ほかにも「男性はこんな瞬間に順調な交際を感じる」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(小倉志郎)
Photo:All images by iStock