「彼の親に気に入られてないかも…」と感じたときの対策9パターン


彼氏の親との相性は、将来を考えると非常に重要な問題になるようです。親に気に入られなかったという気まずい状況に直面した女性は、実際どのように対応してきたのでしょうか。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートをもとに「『彼の親に気に入られてないかも…』と感じたときの対策」をご紹介します。

  • 【1】気負わず、会うときだけ愛想を良くすることを心がける

    「無理に媚びても仕方ない」(30代女性)など、自分へのストレスを軽くするためにも、「嫌われていても仕方ない!」と割り切ってしまうパターンです。とはいえ、実際に会うときは笑顔でいたり、話しかけたり、印象を良くする姿勢も大切でしょう。

  • 【2】「私、嫌われてない?」と、ひとまず彼氏に聞いてみる

    「彼氏は何も気づいていないこともあるので」(20代女性)など、彼氏に相談することで、二人の問題として扱えることもあるようです。ただし、彼氏にあまりグチをぶつけると、親をけなされたと思ってスネてしまう恐れもあるので注意しましょう。

  • 【3】彼氏と二人のときに、親のことを褒める

    「それとなく親にも伝われば効果があるはず」(30代女性)など、間接的に褒めることで、わざとらしさを消しつつおだてることができるようです。その際の褒め言葉は「明るくていいね」など、シンプルで誤解を生みにくい言葉のほうが良さそうです。

  • 【4】親がハマっているものを彼氏から聞き出し、その話題に対応できるようにする

    「とりあえず相手に合わせますね」(30代女性)など、彼氏の親と共通の話題を見つけることで、距離が縮まることもあるようです。世代的に合わせにくい話題でも、「私の母もー」と自分の親を引き合いに出せばうまくやれるかもしれません。

  • 【5】距離を保ちつつも、彼氏経由でおみやげや誕生日プレゼントを渡してみたりする

    「気遣いはできたほうが印象良さそう」(20代女性)など、不意にプレゼントを送ることで、ふだんから彼氏の親のことも気にかけているとアピールできるようです。相手の好みについて事前に彼氏に確認すると、より間違いがないでしょう。

  • 【6】挨拶や話し方に注意し、失礼だけはないようにする

    「とりあえず常識はわきまえておく」(30代女性)など、悪い印象を与える要素をできるだけ排除したら、あとは仕方ないと自分を納得させられるようです。ただし、面接のように堅苦しく接しても距離を生む場合があるので、敬語は忘れないけど、積極的に話しかけるなど適度なていねいさを心がけましょう。

  • 【7】彼氏にリサーチし、会うときは服装などを少し親の好みに合わせる

    「外見の印象は大きいと思う」(20代女性)など、彼氏の親に信頼されるには、見た目から入ることも大切なようです。無理に方向転換をするほどではなくても、ちょっと色味をおさえたり、逆にカジュアルにしたりと、相手に応じて服装のテイストを決めてみるといいでしょう。

  • 【8】自分の親や親と同年代の人に相談してみる

    「彼氏の親の気持ちがよくわかると思うから」(20代女性)など、彼氏の親と同じ視点を持つ人の意見が参考になることもあるようです。自分では気づかないような指摘を受けることができれば、気に入られていない原因から解決できるかもしれません。

  • 【9】親と会ったときに、彼氏の長所や好きなところを話す

    「息子を褒められて悪い気はしないはず」(20代女性)など、素直に彼氏の魅力を語ることで、親に「息子のことを大事に思う彼女」と印象づけられることもあるようです。「親が知らない息子の別の顔」などもさりげなく伝えられると、より親の興味を引けるかもしれません。

ほかにも「『彼の親に気に入られてないかも…』と感じたときの対策」はあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock