まだウブだったころの自分に伝えたい恋愛アドバイス9パターン


恋の先輩たちの「あのとき、ああしておけば…」という後悔は、今まさに恋に悩んでいる方へのアドバイスにつながるかもしれません。そこで今回は『オトメスゴレン』の女性読者のみなさんに、「まだウブだったころの自分に伝えたい恋愛アドバイス」とはどんなものか聞いてみました。

  • 【1】恋に恋してばかりではなく、本当に好きな人を見つけて!

    「彼氏を見つけることが目的になってはダメ」(20代女性)というように、昔は男性を好きかどうかよりも、恋人をつくることを優先していたと振り返る女性もいます。「彼氏持ち」のステータスに憧れて妥協して付き合っても、本当の幸せを感じることはできないもの。焦らず好きな人が現れるまで待ったほうがいいのかもしれません。

  • 【2】受け身ではダメ。笑顔の挨拶を必ず自分からすること!

    「きっかけは自分でつくんなきゃ」(10代女性)というように、挨拶などを通じて、好意をそれとなく伝えれば、男性に振り向いてもらえたかも…と悔やむ女性も。自分から挨拶して、気軽に話せる仲になることを目指しましょう。

  • 【3】好きなら「好きです!」ってキチンと言葉で伝えた方がいいよ!

    「卒業後に『実は好きだった』って言われて後悔」(20代女性)というように、男性に気持ち伝えていたら、また違う展開だったかも…と悔やむ女性もいます。「これって付き合ってるのかな…」とモヤモヤしたまま終わるより、勇気を出して「好き」「付き合ってほしい」と伝えたほうが、その後の人生において胸の奥のしこりを小さくできるかもしれません。

  • 【4】男は好きな子からはお金を借りません!

    「逆の立場で考えても、好きな男に借金はありえないでしょ」(20代女性)というように、恋人と見せかけて借金を申し込む男性に騙された女性もなかにはいます。最初は電車賃のような少額であっても、少しずつ要求が大きくなる可能性があるので警戒は必要です。

  • 【5】その男で本当にいいの? 考え直して!

    「なんとなく付き合っても、すぐに別れるだけ」(20代女性)というように、好きでもない相手と実りのないお付き合いをしたことを反省している女性もいます。適当に付き合った後に素敵な男性が現れても「彼氏がいる」ということで、敬遠されてしまうかもしれないので、無理して付き合うのは控えた方がいいでしょう。

  • 【6】むやみに高望みせず、現実を受け入れて!

    「超イケメンと釣り合うかどうか、冷静になって考えて」(30代女性)というように、昔の自分に向けて、「身の丈にあった理想を持つべきだ」と伝えたい女性もいます。恋人の条件をあれこれと増やさず、譲れないものだけに絞るといいかもしれません。

  • 【7】付き合った彼氏に、あれこれ期待しすぎてはかわいそうよ!

    「完璧な男なんているわけない」(20代女性)というように、彼氏に過大な要求をしすぎて、疲れさせたことを反省している女性もいるようです。短所を見つけて指摘することも必要ですが、全部ひっくるめて愛する努力もまた大切なのでしょう。

  • 【8】簡単に体を許さないで。自分をもっと大切に!

    「本当に好きな男性に『初めて』をあげられず、とても後悔しました」(20代女性)というように、興味本位で男性と関係を結んでしまったことを、心の底から好きな人が現れたときに悔やんだ人もいます。「経験値」ほしさに体験するのは控えたほうがいいかもしれません。

  • 【9】そのままでいい! 素直な気持ちをずっと忘れないでね!

    「真っすぐな恋愛は、年をとったらできないから」(30代女性)というように、駆け引きや計算抜きのピュアな恋愛を貫いてほしいという女性もいます。好きな男性の言動に一喜一憂する今の気持ちを忘れないよう、愛されていることに感謝し続けましょう。

ほかにも「昔の自分に伝えたい恋愛アドバイス」があれば教えてください。ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock