男性がドキッとする「カラオケ中のさり気ない仕草」9パターン


合コンや飲み会の二次会など、集団でカラオケに雪崩れ込むパターンはよくあります。狭い個室に男女がひしめき合うなかでは、女性のちょっとした仕草に男性がドキッとさせられることも多いようです。そこで今回は『スゴレン』男性読者への調査結果をもとに、「男性がドキッとする『カラオケ中のさり気ない仕草』9パターン」をご紹介します。

  • 【1】ラブソングの「あなた」という歌詞に合わせて目を合わせる

    「目と目で通じ合う何かを感じる」(20代男性)など、ラブソングに出てくる「あなた」の歌詞に合わせて男性の目を見つめることで、気になる人に微妙な好意をアピールできるようです。一瞬だけのさり気ない目配せでも効果は十分でしょう。

  • 【2】男女で歌うデュエット曲を「一緒に歌おう」と提案する

    「仲がいい女友達でも、ちょっと意識する」(10代男性)など、最近のポップソングにも男女のデュエット曲は多くあります。気になる男性が歌える曲があれば、自分から「一緒に歌おう!」と明るく提案してみるとよいでしょう。

  • 【3】男性の歌をしっかり聴いて、手拍子をする

    「ちゃんと聴いてくれてるのが嬉しい」(20代男性)など、気になる男性の歌に合わせて手拍子をするだけでも、さりげなく好意が伝えられるようです。あえて他の男性が歌うときは「手拍子をしない」ことで、遠まわしにアピールを強調することもできそうです。

  • 【4】トイレに立った後、気になる男性の隣の席に戻る

    「選び抜いて俺の隣ってこと?」(20代男性)など、最初の席順はランダムでも、トイレから戻ったときの席は本人の意思が混ざります。気になる男性の隣に座ることで、相手をドキッとさせることができるようです。なお、席を確保したら死守しましょう。

  • 【5】「○○君の好きな歌は?」と男性の曲選びを手伝う

    「ちょっと恥ずかしいけど、いいところを見せたくなる」(10代男性)など、男性の曲選びを手伝うことで、相手への興味をアピールできるようです。好きなアーティストについて掘り下げて聞くなど、自然と会話を広げられるのもメリットでしょう。

  • 【6】サビの部分でワンポイントだけ曲に合わせた振り付けをする

    「完コピより1ヶ所くらいが可愛い」(20代男性)など、アイドルの曲などでワンポイントだけ振り付けをマネすると、照れつつもカラオケを楽しんでいる様子が周囲に伝わるようです。可愛らしくキメポーズをすることで、男性のハートをがっちり掴めそうです。

  • 【7】横に揺れてリズムをとりつつ、男性の体に触れる

    「これはもう惚れるでしょ!」(10代男性)など、曲のリズムに合わせて隣に座った男性にコツンコツンとぶつかることで、さりげないスキンシップを狙えるようです。わざとらしいゆえに好意がハッキリ伝わるので、好きな男性以外には実行しないほうがよいでしょう。

  • 【8】「なに歌ってほしい?」と男性にリクエストを聞く

    「みんなで楽しめる曲を選べるし、気が利くなあと感心する」(20代男性)など、全員の盛り上がりを意識しつつ、気になる男性に話しかける方法として効果的です。得意なジャンルやアーティストを伝えるなど、相手が選びやすい条件を指定するとなおよさそうです。

  • 【9】マイクを持ったら、楽しそうにニッコリ笑いながら歌う

    「純粋にカラオケを楽しんでいる感じがいい」(20代男性)など、自分の好きな歌をニッコリした笑顔で歌う姿だけで、男性を十分にドキッとさせられるようです。陽気な場所だからこそ、明るい笑顔が際立って見えるのかもしれません。

ほかにも「男性がドキッとする『カラオケ中のさり気ない仕草』」があれば教えてください。ご意見をお待ちしております。(呉 琢磨)
Photo:All images by iStock