昔の彼女にバッタリ会ったとき、言われたくないセリフ9パターン


昔の恋人と偶然出会ったとき、女性の何気ない一言で傷つく男性もいるようです。では、どんな言葉が元彼を傷つけるのでしょうか。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートをもとに、「昔の彼女にバッタリ会ったとき、言われたくないセリフ9パターン」を紹介します。

  • 【1】ストレートに言われるとさすがに堪える「あなたと別れてよかった」

    「それはこっちのセリフ!」(20代男性)のように、別れを喜ぶ言葉には怒りを覚える男性が多いようです。男性が言い返してくることもあり得ますが、今さら元彼とケンカしてもバカバカしいだけなので、「今があるのはあなたのおかげ」など、大人の対応をしたほうがいいでしょう。

  • 【2】見下されているようで悔しい「まだ独身なの!?」

    「元カノに言われる筋合いはない!」(30代男性)と、多くの男性はプライドを傷つけられたと感じショックなようです。独身に驚いても、「あなたならすぐにいい相手を見つけて結婚すると思った」など、相手のプライドをくすぐる言葉を織り交ぜてみてはどうでしょうか。

  • 【3】自分の存在が忘れられているようで悲しい「全然気が付かなかった」

    「昔は毎日のように一緒にいたのに…」(20代男性)と、彼女の中で自分の存在感が低くなってしまったことが、多くの男性にはショックなようです。せめて、「あの頃と雰囲気が変わっていたから一瞬気が付かなかったよ」など、フォローを添えたほうがいいでしょう。

  • 【4】成長していないと言われているような気がする「変わってないね」

    「言外に『成長してない』という意味がありそうでムカつく」(20代男性)など、勝手に言葉の裏を考えて腹を立てる男性も中にはいるようです。ですが、「付き合ってた頃を思い出しちゃう」などと付け足せば、相手は喜んで昔話を始めるかもしれません。

  • 【5】そんな報告をされても何も言えない「彼氏できたよ」

    「だから何?」(20代男性)のように、女性にとっては「今も楽しく頑張っている」ことを伝えるだけのつもりでも、恋愛関係の近況報告は元彼にはいい印象を与えないようです。元彼と偶然会ったときは、今の恋愛に関する話はできるだけ控えたほうがいいでしょう。

  • 【6】吹っ切ったはずの気持ちが揺らぐ「昔よりいい男になったんじゃない?」

    「それ、ヨリ戻したいってこと?」(20代男性)のように、お世辞で言った褒め言葉に勘違いをしてしまう男性も中にはいるようです。本当にヨリを戻してもいいと思うならともかく、そうでないなら元彼をむやみに持ち上げるのは避けた方がよさそうです。

  • 【7】「お互いさまだろ」と言い返したくなる「老けたねー」

    「お前も同じだけ年とってるだろ」(30代男性)など、年齢に関する指摘には、女性同様に男性もあまりいい気分にならないようです。「貫禄が出たんじゃない?」などオブラートに包んだ表現ならば、元彼を怒らせずにすむかもしれません。

  • 【8】何事もなかったかのように白々しい態度がムカッとする「久しぶりー、元気?」

    「今さら何を言っているんだと思う」(30代男性)と、旧友に久々に会ったかのように振る舞われるのも、男性にとっては嬉しくないようです。特に別れ話で揉めに揉めた場合はなおさら、テンション低めで「久しぶり…」と言うのが無難でしょう。

  • 【9】自意識過剰な思い込みにイラッとする「私のことまだ好きでしょ」

    「勘違いするんじゃない!」(20代男性)と、多くの男性は「未練があるのでは」と元カノに指摘されることを嫌がるようです。男性が実際ヨリを戻したかったとしても、女性に上から目線で指摘されると意地でも否定したくなるようなので、「私はまだ好きだけど」などの言葉を枕につけてはいかがでしょうか。

ほかに、男性が昔の彼女に言われたくないセリフにはどんなものがあるでしょう。ご意見をお待ちしています。(鼠入昌史/Office Ti+)
Photo:All images by iStock