ケンカ中に言われたら即別れたくなる「彼女の暴言」9パターン


感情が高ぶって言ってしまったことが原因で、彼氏から別れを告げられたという女子もいます。では、どんな言葉がマズかったのでしょう。今回は『スゴレン』男性読者への調査をもとに「ケンカ中に言われたら即別れたくなる『彼女の暴言』9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「付き合っている意味ないじゃん」という気になる「一緒にいると疲れるのよ」

    「ショック…」(20代男性)など、彼氏を嫌悪するような言葉に、凹む男子もいます。ケンカ中、つい相手を否定したくなっても、たった一言がすべてを終わらせることがあると肝に銘じ、ぐっと言葉を飲み込みましょう。

  • 【2】「これまでの日々は何だったんだ?」と愕然とする「最初から好きじゃなかった」

    「『無理してたのか』と思う」(30代男性)と、付き合いそのものを否定するようなセリフに、絶句する男子もいます。彼氏の心を深く傷つければ謝ってもあとの祭り。せめて「あんたなんかキラい!」程度の言い回しにしたいものです。

  • 【3】「だったら最初から付き合うな」と叫びたくなる「あんた、誰が見てもキモいわよ」

    「『じゃあ、付き合ってきた理由は? 何が目的?』と思う」(30代男性)など、生理的に無理という発言に、彼女への不信感でいっぱいになる男子もいます。直しようのない外見を指摘するのは人として最低の行為だということを覚えておきましょう。

  • 【4】「お前、何様?」と言い返したくなる「あんたみたいなのは私とは釣り合わない」

    「『お前はそんなにエラいのか!?』と思う」(20代男性)と、彼氏を軽んじる女子の発言に、怒り心頭の男子もいます。短所をあげて見下すより「ここを直してほしい」と伝えたほうが、単なる罵声の浴びせ合いにならずにすむでしょう。

  • 【5】「そんな目で見てたのか?」と唖然とする「みんなが言うとおり、本当に最低な男ね」

    「人の意見を気にしながら付き合ってたのかと思う」(20代男性)など、自分を信じていなかったようなセリフを聞き、言葉を失う男子もいます。信頼が崩れると関係復活は難しいもの。他人の意見は持ち出さないほうがよさそうです。

  • 【6】「自分で同額稼いでみろよ!」と怒鳴りたくなる「その収入じゃ、誰にも相手にされない」

    「金で男を判断する奴は最低」(20代男性)など、給与額をあげつらう女子に、憤慨する男子もいます。たとえ別れを回避できても、「籍を入れたら『稼ぎが少ない』と責められそう」と、結婚相手に見てくれないかもしれません。

  • 【7】「じゃあ、ヨリを戻せば?」と冷たく言い放ちたくなる「元カレならそんなこと言わない」

    「いつも前の恋人と比べられていたのかとカッとなる」(20代男性)というように、元カレのことを持ち出されると、殺気立つ男子もいます。嫌な態度があるなら、気に入らない理由をきちんと説明したほうが、彼も直す努力をしてくれそうです。

  • 【8】「そんなお前は人に言えるほどできた人間か?」と逆に聞きたくなる「ほんっとに中身が空っぽの男ね」

    「中身がどうとか言われたくない」(20代男性)など、彼氏をあざけるような女子の物言いに、マジギレする男子もいます。人格を攻撃するのは基本的に御法度ですが、プライドの高い男性ほど言わないほうがいい言葉だと言えそうです。

  • 【9】「どんだけ上から目線だ!」と怒りでいっぱいになる「今まで付き合ってあげたけど、もう我慢できない!」

    「その言葉、そのまま返そうかと思った」(20代男性)というように、付き合って「あげてた」という傲慢な態度に、一瞬で冷める男子もいます。育ちも性格も違う二人が付き合うからにはお互い何かしら我慢は必要。自分だけが我慢しているわけではないことを、頭に入れておきましょう。

ほかにも「ケンカ中に言った一言で彼氏から別れを告げられたエピソード」があれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしております。(橘しげる)
Photo:All images by iStock