「負のオーラが漂っている」と近づくのをためらう女性の特徴9パターン


普段の何気ない態度のつもりが、「怒りっぽい」「不満げ」など、周囲に「近づきづらい人物」だと思われてしまう危険もあるようです。そんなネガティブな印象を持つ女性とは、交流をさけたくなるもの。では、男性が付き合いに消極的になるのはいったいどのような女性なのでしょうか。今回は『スゴレン』の男性読者の意見を参考に「『負のオーラが漂っている』と近づくのをためらう女性の特徴9パターン」を紹介します。

  • 【1】ネコ背でため息が多い

    「その姿、あからさまに陰でしょ!」(20代男性)など、男性が見た瞬間に暗いイメージを抱いてしまう「負の代名詞」ともいえる態度のようです。ついついため息が出てしまう気分のときは無理矢理にでも胸を張るだけで、見てすぐに「負」と思われずに済むでしょう。

  • 【2】何かと強がって他人に甘えない

    「かわいげがない」(30代男性)など、他者の助けを拒絶するような態度は「私にかまわないで」という空気を出しているように感じるようです。「人にお願いするのが下手くそなんだよね」などと不器用であるがゆえの行動であることをアピールしておくと、男性に誤解されずに済むかもしれません。

  • 【3】常にすっぴんでいる

    「おしゃれに興味ない感じが後ろ向き」(20代男性)など、お化粧は女性の身だしなみとして大事だと考えている男性は多いようです。メイクをするだけで男性は「華やか」とポジティブな印象を持つようなので、最低限押さえておくとよいかもしれません。

  • 【4】顔を隠しているかのように前髪が長く伏目がち

    「顔が見えないとこちらも不安」(20代男性)など、男性は表情が分かりづらい相手との接触を避ける傾向にあるようです。前髪を切って顔を見せるだけで、普段とは違う姿に「ドキっ」とする男性は多いかもしれません。

  • 【5】他人の悪口や仕事に対するグチが多い

    「聞いているだけで不快!」(30代男性)など、周りも嫌な気分にさせられるグチっぽい女性に男性は嫌気が差すようです。どうしても文句を言わないと気持ちが収まらないときは「今だけ言わせて」と前置きをするなどしてメリハリをつけると、ネガティブなイメージを持たれずに済むでしょう。

  • 【6】あまり笑わないなど表情の変化が少ない

    「怖い…」(30代男性)など、女性の無表情な姿に何を考えているか分からない不気味さをを感じる男性もいるようです。苦手ではない男性ならば、笑顔で接するだけで「自分のこと嫌がってない」と今後の関係を前向きにとらえるかもしれません。

  • 【7】「どうせ○○だし」とネガティブな発言が口癖

    「自分に自信がなさすぎる」(20代男性)など、何かとイジけた態度をとる女性は常に「そんなことないよ」などと励ましが必要になるため、男性はうんざりしてしまうようです。どうしても自信が持てないならば、「私ってこんなだから」と冗談まじりに言うと世話をやきたがる男性も多いかもしれません。

  • 【8】女性と男性の前で態度が変わる

    「同性に嫌われてそう…」(20代男性)など、あからさまな態度の変化を見ると男性は、「女友達少なそう」と感じてしまうようです。男性に対して無理に接する態度を変えず、自然体でいるほうが「話しやすそうな子だなぁ」と男性に好印象に映るでしょう。

  • 【9】「あんたはいいよね…」と、すぐに他人を妬む

    「めんどくさい女のイメージ」(30代男性)など、女性の卑屈な態度に関わりたくないと思う男性は多いようです。他人を羨むより、「○○ちゃんて、かわいいね」など明るくほめるほうが「そんな君もかわいいよ」と微笑ましく感じてくれる男性が多いかもしれません。

ほかにも「『負のオーラが漂っている』と近づくのをためらう女性の特徴」はありますでしょうか。みなさまの意見をお待ちしています。(富岡由郁子)
Photo:All images by iStock